スポンサードリンク

2016年07月26日

美味しいロマンス漫画

お久しぶりです。
しばらく色々とありましてお休みしていたのですが新たなブログを始めました^^

いろんなエピソードを漫画で紹介したり、日本では公開されていない韓国の漫画を紹介していきたいと思います。
是非遊びに来てくださいね〜。

こちら⇒http://jklove7269.seesaa.net/
posted by hisami at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

健康診断の結果と対策

前にもお話したように多文化家庭に対する関心が少しづつ高まってきていると感じるサービスが増えてきていますが、その中でも年末に外国人配偶者対象の健康診断があることを知り去年末に受けました。

私は気管支系は少し弱いので、アレルギーや風邪を引くことはありますが、大きな病気をしたことも無く、具合の悪いところがあったわけでも無かったのですが、娘を妊娠した時(10年前)以来、健康診断をしっかりと受けたことが無かったので、この機会にと受けてみることにしました。

無料だったので、適当に血液検査と身体検査ぐらいしておわるのだろうと思っていましたが、施設の整った大きな病院での検査で、普段の運動や病歴に関するアンケートから始まり、視力、聴力、尿検査、レントゲン、婦人科系の検診、癌検査までして下さいました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 10:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

今年のソルラル

私が韓国に嫁に来てから今まではソルラル当日のチェサは朝の6時頃には始める為、5時頃には起床だったのですが、前日に何時に始めるのか義父に尋ねると9時ごろに始めると言います。

それじゃ7時半頃に起きれば十分に準備が間に合うと思い、アラームをセットし、当日起きると既に台所から音が聞こえてきます。

「流石お義母さん。早くから準備していらっしゃる。」と思いながら顔を洗って台所に向かうと、何と!トンソ二人が既に起きて手伝っていました。

あちゃー。またまた社長出勤してしまった・・・。と思う一方、「うーん。今回は今までとは違うソルラルになりそう。^^」などと少し期待の思いも沸いてきました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

ヒョンニムの権力?

今回のソルラルは日曜日に「仕事を済ませてから行く」という理由で、月曜日がソルラルだというのに午後に出掛け、夫の実家には丁度夕食時に到着するという思いっきり社長出勤状態でした。

用事があったので仕方がないと思いながらも、ソルラルの準備の大変さを知っているので申し訳ないとも思いつつ挨拶をして家に入ると、夕飯の準備が始まっていました。

本来ご主人の実家に帰っているはずの義理の妹も生まれて2ヶ月ほどになる赤ちゃんを連れて行くのも大変だからとソルラルは実家で過ごすことにしたようで家族全員が勢ぞろいしていました。

とりあえず一通り挨拶をして何とか空気に溶け込んできた頃に2人のトンソが夕飯の準備を忙しそうにしているのが目に飛び込んできました。

おっと、こりゃいけないとすぐに家事モードに切り替えて2人に

「準備大変だったでしょ?お疲れ〜っ!遅くなってごめん;;」

と言いながら軽いスキンシップをして片をポンポンと叩きながら言うと、それぞれ

「そんなこと無いですよ、ははは。」とか
「いえいえ。」と言いながら支度をしています。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 19:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

新年の挨拶

今年も既に一週間が過ぎてしまいましたが新年の休暇はゆっくりと過ごされましたでしょうか?
韓国では「え?いつ正月だったっけ?」と思っている間に日にちだけが過ぎていったような気がします。

12[1].jpg

私は教会に通っているので年末は家でテレビを見ながらカウントダウン&年越しそばという雰囲気ではなく、教会で礼拝をささげ、去年の悔い改め(反省)と今年の決意などのお祈りをしながら、教会の信徒達と過ごし、牧師様のお祈りを受けて12時半ごろに家に帰ってきました。

もう遅いので娘を寝かせる準備をして自分もそろそろ寝ようと床につくと、ブーッとマナーモードの着信メッセージの音。
見てみると、日本語で

「明けましておめでとうございます。」

と一言。名前を見てみると中学2年生の日本語の男子学生でした。日本語の表示で挨拶だけのシンプルなものでしたが、とても嬉しくなってすぐに

「明けましておめでとう。新年の挨拶第一号ですね。ありがとう。」

と返事を送りました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 19:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

ペペロデイ(ポッキー)の日

昨日は2011年11月11日。数字の「1」が六つも並ぶ特別な日でした。

200px-Lotte_Pepero[1].jpg

「ペペロデイ」は日本のポッキーデイのように韓国ではバレンタインデイのようにチョコレートのお菓子をプレゼントし合う日です。ペペロというのは日本で言うお菓子のポッキーなのですが、1990年に中学生の女学生が11月11日の「1」の数字がポッキーを立てた模様に似ていると言うことから記念日になったようです。

今ではこの日は若者達や恋人の間でポッキーやプレゼントを交換する日になりました。

一説ではプサンの女子中学生が「ペペロのようにスリムになってね。」と言う意味でペペロをプレゼントしたのが始まりだったという話もあるようですがペペロの製造会社であるロッテ製菓との販促の為に作られたという意見もあります。

ペペロデイに関する説明の中に「日本でも1999年(平成11年)11月11日にポッキーデイが始まった。ポッキーデイがペペロデイよりも遅く始まったのと反対にペペロよりも20年ほど早く販売されていたと言う説明もありました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 11:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

言葉って難しい

久しぶりの更新でございます。

あまりにも久しぶりなので、読者登録されてる方は「何事?!」等と思われるかもしれませんが、「気ままなブログ主がまた文章を書きたくなったのね。」とぐらいに思っていただけたらと思います。^^



言葉と言うのは人を慰め、相手をプラスの方向に誘導していく事もできますが、同じ言葉でも誤解が生じたり、言葉が伝達されていく過程で変化して行き、人を傷つけることもあります。

私は日本で暮らしていたときは頭に思い浮かんだことをすぐに口に出してしまうタイプだった為、きっと私の何気ない言葉が人を傷つけてしまっていたかもしれないと言うことを韓国で生活し始めてから何度か考えたことがあります。

というのも、韓国語の場合は表現が難しい時や相手に話すべきことと言うべきではないことなどを振り分ける時間もあるのに対し、日本語の場合は考える間もなく言葉がスルスルと軽く口からて行ってしまうからです。

なので言葉に気を付ける為には「少し考える時間をくれる外国語の会話の方が自分には向いているのかもしれない」などと勝手に思っていました。

しかし、そろそろ韓国語にも慣れてきたせいか、最近は親しい人になればなるほど韓国語でも何も考えずに話してしまうことが多くなってきたような気がします。


続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 15:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

ビビンクックス(混ぜ素麺)

先日、午前中の授業が終わり、家に帰ってくると1階の大家さんの家にお客さんが来ている様子でした。

玄関先で顔を合わせれば軽く挨拶をするのですが、奥の方でお客さんと話中のようだったのでそのまま2階に上がりました。

一人だったので昼食を簡単に済ませようと食事の準備をしていると、

「Hヤー!(Hちゃーん=私のことを娘の名前で呼ぶ)」

と、大矢さんの声。

「はーい!」

と電子レンジから暖めたご飯を取り出しながら返事をすると

「Hヤー!パリネリョワー(Hちゃーん、早く降りてきなさーい!」

と何度も呼ぶので、

ご飯も何もそのままにして

「はいはーい!」

と言いながら、サンダルを履いて急いで降りていきました。

続きを読む
posted by hisami at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

漫画翻訳の面白さ

最近2つの漫画作品の企画書翻訳をさせていただきました。

一つは歴史(しかも世界史)的な要素が取り込まれたバンパイアの物語。そしてもう一つは世界中に散らばる4人のキラーの話です。

企画書なので作家が6ページほどにまとめたストーリー概要のようなものなのですが、世界史は私の苦手な分野で「殺し屋」の世界は聞いたことも無い武器等の単語が出てくる為、原本を見た時にはかなり引いてしまいました。

ただ、読んでみると二つとも内容が面白く、何よりも私の日本語の生徒達が日本の漫画界で少しでも活躍できる手助けになるのならという思いで翻訳をさせていただきました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 13:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

日本語⇒韓国語の翻訳

最近漫画の企画書などの翻訳をお手伝いしましたが、最近も知り合いを通して翻訳の依頼がありました。

内容はピアノを弾くための指の「トレーニングボードの説明書」の翻訳です。

beautiful-music_ac001-2[1].jpg

ドイツに留学した娘がこの道具が指のトレーニングにとても良いと聞いて買ったのは良いのですが、日本製なので説明が全て日本語で書かれていて組み立てや使用方法が分から無い為、使えずにいるということでした。

トレーニングボードは写真のように木で出来ていて、そこへ手の大きさに合わせて木の部品を取り付けていくという見た目はとてもシンプルな器具でした。

これはそれほど使い方も難しそうではなさそうだと説明書を読んでみると「使用上の注意」から始まりレッスン方法も様々です。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画連載の希望

「日本に行って出版社をいくつか回って自分の描きたい漫画の企画書を持って営業して来る」と意気込んでいた漫画家DHさんから

「先生!日本から戻りました。^^話したいことも沢山あるので近日中にお目にかかりたいです。」

というモジメが送られてきました。
早速電話をしてみると、とても明るい声で電話に出ました。

「何だか日本で良いことがあったようですね〜。」

と言うと、

「ええ。有名な漫画雑誌を取り扱う大きな会社から作品に対して良い反応があって、上手くいけば連載の可能性もあるんです。まだ確定したわけではありませんが、作家と3人で一度お話できたらと思うんですが。」

と言うのでスケジュールを確認して会う日を決めました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

頑張れ!韓国の漫画家&作家

日本語の授業も相変わらず続けておりますが、最近は漫画家の生徒から頼まれた企画書や漫画のシナリオの翻訳をお手伝いしながら、本当にこの企画が通って一人でも多くの日本に進出する漫画家が増えたら良いと思っていました。

企画書のお手伝いをした漫画家のDHさんがそろそろ営業の為、日本に行く頃だと思って連絡してみると

「あ、先生。そうじゃなくても連絡しようと思っていたところなんです。^^来週の月曜日から24日までチケットの予約しました!」

と元気そうです。

「そうですか。上手くいくと良いですね。何かお手伝いすることがあったら言ってくださいね。」

と挨拶だけしてして電話を切ろうとすると

「先生!一つお願いしたいことがあるんですけど・・・。」

と、何か翻訳して欲しいものがあるということを話し始めたのですが、丁度お昼時だったので食事をしたかを聞くとまだだと言います。どうせなら会って食事をしながら話そうということになり、その漫画家の生徒と突然会うことになりました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

教会の運動会

昨日、小学校の体育館で教会の運動会が行われました。

年齢制限がなく、子供からお年寄りまで全員参加できるプログラムが組まれていて紅白に分かれ、自分のチームの色のTシャツを来て参加します。

こうしてチームを分けて競技をすると、どうしても毎年勝ち負けに熱くなってしまうのですが、
「今回は勝敗よりも全員で楽しく時間を過ごすのが目的ですから喧嘩はしないようにして下さい。」
と牧師さんが念を押してから運動会が始まりました。

女性のみ参加のピグ(ドッチボール)や男性のみ参加のチョッグ(足バレーボール?)等もありましたが、他の競技は子供たちやご老人も簡単にできるような輪投げやペットボトルをサッカーボールで倒すボーリングなどもあり、全員が1,2個ずつプログラムに参加することができます。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

漫画の翻訳

日本語の生徒の中で日本で漫画を出版したことのある漫画家(DHさん)がいらっしゃいますが、その生徒から日本の出版社に自分の漫画の企画書を日本語に翻訳したものがあるのでチェックしてくれないかという依頼がありました。

もう既に日本語に翻訳してあったのと、その生徒が一体どんな作品を描くのか関心があったのでチェックぐらいならと軽く引き受けました。・・・が

日本に住む韓国人の友達が数日で翻訳して送ってきたという企画書を読んでみると、日本ではあまり使われない表現や文法等の間違いが結構あります。

その上、始めのストーリー紹介(あらすじ)の部分だけでは内容把握が難しく、企画書を全部読み終わってからあらすじの文章に説明を加えなければならないという状況でした。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

教会のパザー

私が通う教会では年に一度バジャフェ(バザー)を開きます。

教会の信徒達が家で使わないけどまだ使える電気製品や玩具、文具類、衣類、プレゼントをもらったけど使っていないものなどを売るバザーが開かれます。

thumbnails[2].jpgthumbnails[1].jpg

教会の信徒達だけでなく他の教会からの寄付品や牧師様の知り合いで事業をしている人に連絡をして工場で売れ残った服や下着、玩具、シール、文具類などが支援されるので、とても多くの種類の品物が教会にドッと集まってきます。

こうして、品物は物を運ぶために必要な車のガソリン代ぐらいで集まるのですが、販売用に作るキムチ、シッケ、トットリムク、冷麺、チャンチククス、チヂミ、スンデ、トッポッキ、果物ジュース、等の飲食類は全て信徒が準備し調理し、販売するため、教会の主婦達も料理の腕を振るい協力して行わなければならないイベントです。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 20:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

親子でゲーム

最近は家族で出かけたり遊んだりする機械があまり無かったため、久しぶりに家族でゲームをしてみました。

snowmangame-haba-sum[1].jpg

ゲームはハーバー(ドイツの教育玩具)のボードゲーム『スノーマン』です。

雪だるまの形をしている駒をサイコロの目数ずつ進めてゴールまで先に着いた人が勝ちというわかりやすい内容のボードゲームです。

日本のすごろくゲームのように「一回休み」があったり、後から進めた駒が最初の駒と同じ枠に入ったら最初の駒はスタート地点に戻らなければいけないというルールがあります。

いつもなら娘と夫の二人でゲームをすることが多いのですが、今日は私も参加するということで娘もはしゃいで喜んでいました。

「カウィ、パウィ、ポ!」(はさみ、岩、袋という意味)

と、韓国式ジャンケンをして始めました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

「頑張って!」日本国民

関東・東北大震災の話題は韓国でも耐えないのですが、私自身も韓国に住む日本人として、普段よりも注目されている気分です。

月曜日は日本語の授業が無い日なので、いつもなら家事を済ませ、テレビを見たり本を読んだりしながらゆっくりする日なのですが、家にいると日本のことが気になるので、どうしてもニュース速報を見てしまいます。

しかし、こうして一人でニュースばかり見ていると、恐怖や不安の思いばかりが高まり精神的にも良くなさそうだったので、その思いを少しでも紛らわせようと洋服の店を経営している知り合いのオンニ(お姉さん)の店に遊びに行きました。


続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 09:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

トルポミキョシル(お世話教室)

小学校が新学期に入って約一週間が経ちました。

私の場合は以前にも「韓国の冬&春休みの恐怖」でお話をしたトルポミキョウシル(以下T教室)のおかげで、冬休みも娘を学校に通わせていたのと同じような生活をさせて頂きました。

変わったことといえば冬休みのT教室は9時から始まったのに対し、学校は8時40分から始まるので、少し早く起こしてなるべく遅刻しないように娘を学校に送る戦いが始まったというところでしょうか。^^;

娘は、何をするにもゆーっくりとするので食事をするにも服を着替えるにも歯を磨くにもかなり時間が掛かります。

教育上「早く」と言う言葉はあまり言わない方が良いと聞いたことがあるので、私もなるべく言いたくはないのですが「早く起きて」「早く食べなさい」「早く着替えなさい!」「早くしなさーい!!」とだんだん声が大きくなってきて「早く」という言葉を1日何回言ってるか分かりません。

「早く」と何度も言わなければならないのも疲れますが、聞くほうも疲れる様で、娘が

「『早く』ばかり言わないでよー!」と言うので

「じゃ、『早く』ってママに言わせないように早くして!!」と言ってから(あっ、また2回も言ってしまった^^;)と思ったこともあります。

先日もやっとの思いで娘を学校に行かせたと一息ついているとドアをたたく音。

「なーに?忘れ物?」と言って、ため息をつきながらドアを開けると

「挨拶するの忘れてた。行って来まーす。愛してるー。」
と言って手で頭にハートマークを作っていつもの挨拶をしてから学校にいきました。
さっき行っていれば余裕で学校についたのに・・・と思いつつも

「ママも愛してる。行ってらっしゃい。」と怒るに怒れず苦笑いで手を振って見送りました。



続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

韓国の冬&春休みの恐怖

今日は少し韓国の情報らしい内容をお伝えします。

日本の東京では小・中・高の夏休みは普通1ヶ月半ぐらい、冬休みはその半分ぐらいだったと言う記憶があるのですが、(もう何十年も前の話なのでよく覚えていません。)

韓国の夏休みは約1ヶ月なのに対し冬休みは1ヵ月半そして一週間登校したかと思ったらすぐに春休みに入りますのでトータルで約2ヶ月の休みとなります。

韓国の冬は東京の冬に比べて厳しいため冬休みのほうが長いの化も知れませんが、それにしても2ヶ月は長いですよね。

外に出れば耳がちぎれそうなほどの寒さの中、外で遊びまわる子供達はほとんどいません。雪が降った後に雪だるまを作ったり雪合戦をしたりと校庭や公園で遊んでいる高学年の子供達を見ることはたまにありますが、風邪をひいてはだめだからとオンドル(床暖房)のきいた暖かい家の中で過ごす事が多いいのです。

ということは、冬・春休みの間、母親達は朝昼晩の子供達の食事の世話はもちろんエネルギーが有り余った子供達の相手をしてあげたり、ゲームやテレビを見てゴロゴロしている子供達を叱って勉強をさせたりと、ストレスのたまる2ヶ月を過ごさなければならなくなるわけです。




続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

小説を書いてみる?

前にお話しましたように私の夢のひとつに「本を出版する」ということがあるのですが、良く考えてみると出版するにはとても良い環境にいるんです。

と言うのは、私が今教えている生徒さんの半数以上は漫画家、作家先生で、漫画の本を出版して仕事をしている方々で、実際に色んな出版社と取引していらっしゃいますし、協力をお願いすれば喜んでしてくれるような方ばかりです。

前に学生達と会食をしたときにチラッと「実は先生で食べていくより文章を書いてみたい」と言う話をしたときには大賛成してくれましたし、かなり話が盛り上がってしまって、具体的にどんな内容が良いかなどの話にまで発展したほどです。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



続きを読む
posted by hisami at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。