スポンサードリンク

2008年02月18日

何も出来なかったソルラル

韓国の正月ソルラルは今までのご両親との同居期間は一週間前から少しずつ準備が始まり前日と当日の朝は休む間もなくお供え物の準備に追われていました。

今回はシデクで訪問者を迎える立場ではなくて訪問する立場だったのでそういう意味では気が楽だったのですが、だからと言ってクンミョヌリ(長男の嫁)の立場としてはソルラル当日に顔を出して

「セーヘーボンマニパドゥセヨー^^」

と新年の挨拶だけして帰ってくるわけにも行きません。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



ソルラルの準備の大変さも知っている私はソルラルの前日にはシデクに向かう予定を立てて心の準備をしていました。

しかし、気持ちとは裏腹にソルラルの2,3日前から体の調子が悪くなり、なんだかいやな予感がしていましたが、その予感は的中。

シデクに向かう日には咳が止まらず、それでもその日はマスクをしながらお供え物の準備を手伝いましたが、その日の夜には頭痛と発熱で倒れてしまいました。

そして、ソルラルの当日には早起きをするどころか、なんと寝込んでしまいました。

熱が出て食欲もなく、鼻づまりに咳が出てまともに息も出来ないような状態なので、寝ていても起きていてもつらい状況でした。

ソルラルには普段食べない様な美味しいナムルや魚、海産物の鍋物などが振舞われるんのですが、何を食べても無味。食欲がないつらさも十分に味わいました。

ソルラルの日には病院も薬局も開いているはずがありませんので、とりあえず家ににあった常備薬を飲んでいましたが、その薬を飲むために無理やり食事をしている状況でした。

食事の準備や片付けなども出来ずに2、3日の間ほとんど横になっていた私は

「今回は手伝いに来たというより、この忙しいのに、お世話になりに来てしまった。TT」

という思いのため、横になっていてもなんとなく精神的に休むことが出来ず、結局は心も体もストレスを受けるソルラルになってしまいました。

これだったらまだ“元気でソルラルの準備を思いっきり手伝ってソルラルが終わってから疲労で倒れたほうがまだましだ。”と思うほどでした。

本来はソルラルの翌日には家に帰る予定だったのが、熱が下がらなかったため、結局ソルラル連休中はずっとシデクで寝込んでいたことになります。

いつもの様に沢山の親戚達の訪問があり、そのたびに病気の顔を見せることになってしまった今回のソルラルを過ごし、体の管理の大切さを改めて実感させられました。


久しぶりに書いたブログで体不調を訴えるとまるで今まで病気だったように聞こえてしまうかもしれませんが、既に回復していますのでご心配なく。

今月末からは娘をオリニチブ(子供の家=幼稚園)に送って時間が出来る予定ですので、ブログの更新もボチボチしていきたいと思っています。

応援してくださる方はこちら⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。



posted by hisami at 14:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族間の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hisamiさんこんにちわ。
1月に韓国へ娘と共に越して来ました。初ソルラルも教えてもらいながら何とか終わりました。初外国生活、子育て、同居と全部が1年生で大変ですが、主人や家族に助けてもらいながらがんばっています。でも…やっぱりストレスが溜まって先日大泣きしてしまいました。
今3週間ほど日本に帰って来ています。リフレッシュして又韓国へ戻ります。
hisamiさんのブログ再開を楽しみにしていました。これからも又遊びに来ますね〜。

Posted by eli at 2008年02月28日 10:57
eliさん。お久しぶりですね。

ブログをお休みしている間に韓国にこられていたんですね。初ソルラルも大変だったでしょう。

私の場合は韓国留学から始まり、結婚、同居、出産、子育てと少しずつ経験していきましたが、eliさんの場合は一度に多くのことを経験しなければならないので大変ですよね。

ストレスが溜まるのもわかります。

日本で羽を伸ばして、出来るだけ「ストレス解消+充電」して帰ってきてください。
Posted by hisami at 2008年03月04日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。