スポンサードリンク

2007年10月17日

韓国の「バスの運転手」

3699007225.jpg

前にもお話しましたように私の住むアパートの近くに出来る予定だと言う地下鉄の駅は未だに完成しておらず、最寄の地下鉄の駅まではマウルバス(町バス)を乗らなければなりません。

そして、そのバスの時間も20分〜30分に1回と言うペースで来るため、バスに乗り遅れると相当待つことになります。

それでも家の前で乗るときは停車時間に合わせて家を出れば良いのですが、地下鉄の駅から家に向うバスの時間に合わせるのは難しく、時間表通りにバスが来ない事も多いようです。

昨日、夫と娘と3人で地下鉄からバスに乗り換え、家に向う途中こんなことがありました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



私達は運転手のすぐ後ろの席に座ったのですが、一度バスに乗って後ろの方まで行った客が戻ってきてバスの運転手に声を掛けます

「アジョシ!30分以上待ったこと自体も気分悪いのに、地下鉄の改札を出てから30分過ぎたからと言ってバス代が割引にならないってどういうことですか?!」

と、20代後半ぐらいに見える女性がすごい剣幕です。

3193780331.jpg普通は電車の乗換えで町バスに乗る際、運転席に設置してある機械に交通カードを当てると

「ファンスンイムニダ」
(換乗です=電車から乗り換えたからバス代が無料)
と女性の声が出てバス代が割り引かれるシステムになっているのですが、そうでないとピッ!と言う音と共にカードから引かれる乗車料金が表示されます。

その女性はきっと料金が表示されたのを見て一度は乗ったものの納得がいかなくて運転手に言いに来たのでしょう。

運転手が
「何処から乗られたのですか?」

と聞くと女性は「カヌン駅です」と答えました。

すると今度は運転手の方が、

「カヌン駅に来る前の○○道路がこの時間はいつも混んでいて到着時間が遅れてしまうんです。」

と、少しでも早くバスを運行したいのに渋滞巻き込まれ到着時間に遅れてしまった運転手も少しイライラ気味で答えます。

「でも、アジョシ!30分以上も待たされてバス代も払うなんておかしいんじゃないんですか?」

と、それでも運転手に食って掛かります。

「そんなこと言われてもどうしようもないじゃないですか。交通カードに対する苦情ならバスの出口に張ってある電話番号に問い合わせてみて下さい。」

と言って、その場は収まりましたが、その女性は交通カード会社にも友達にも電話をしてバスを降りるまでそのことで文句を言い続けていました^^;

バス代を払ったとしても900ウォン(110円ほど)ですが、そのためにバスの運転手やカード会社にクレームをつけて何とかしようとする根性はすごいです。

ま、女性もこれぐらい強くなければ韓国では生きていけないのかもしれませんが、「彼女を相手に喧嘩はしたくない」と正直思いました。

夫も以前帰りのバスで同じ事があったそうですが、どうしたのか聞いてみると

「その時は“運が悪かった。仕方ない。”と諦めました。それにしてもバスの運転手に言ったところで何も解決しないのに、何だかすごいアガシでしたね。」

と言っていました。^^;

バスの運転手も運転しながら文句を言うお客さんの応対をしなければならない訳ですから大変です。

今回は若い女性が相手でしたが、時には客と口論になって暴力をふられるようなこともあるようです。
(運転席に設置していたカメラの映像がニュースで放送されたことが何度かありました。)

韓国のバスの運転手の給料はそれほど高くないと聞きますが、色んな客の相手をしながら夜遅くまで働いて大変ですね。



「韓国のバスの運転手って大変」と思われた方はこちら⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。



posted by hisami at 14:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国人の国民性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すいぶん前からおじゃましてるんですがカキコミは初めてです。
その女性カヌン駅って。。。ウチの近所やーん!!と思わずのけぞってしまいました。
私もいずれはそんな風に言えるようになるのかしら。。。いまだに人に話かけられるたびにビクビクしてしまう臆病モノです。。。
Posted by marimari at 2007年10月19日 22:20
<marimariさんへ>

はじめまして^^!
カキコミありがとうございます。

カヌン駅の近くにお住まいなのですね。私はそこからバスで30分ぐらいは乗って家まで帰らなければなりません。

それにしても外で喧嘩をしている人の中で自分よりも若いであろう女性を見かけると「韓国の女性ってたくましい」と思ってしまいます。

日本で出会ったポルトガル人の友人が
「日本語で喧嘩を出来るようになったら日本に慣れてきた気がする」
と言っていたのを思い出しますが、私も喧嘩はしなくとも自分の意見を話したり、相手を説得できるようになってきてから韓国生活に少しずつ馴染んで来たような気がします。
(と言ってもまだまだ馴染めない部分もありますが・・・)

私も韓国生活を始めたばかりの頃はあまり人に話しかけられるのが好きではありませんでしたが、最近は私からも自然と話しかけている気がします。

日本に里帰りした時に韓国に居る感覚で知らない人に突然話しかけて驚かれたこともありますけどね。^^
Posted by hisami at 2007年10月20日 20:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。