スポンサードリンク

2007年10月03日

復活!アルトゥル市場

最近はアルトゥル市場(節約市場)が開かれなくてつまらないと思っていましたが、今週再開する事になりました。^^

やはり義父の一言が効いたのか我家の棟の前では開かれず、他の棟の前で再開するとの放送がありましたが・・・^^;

ともかく、「ひさしぶりのアルトゥル市場再開!」という事で、昨日アルトゥル市場の見学に行って来ました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



下着屋が来ていたので、子供の下着でも見てみようかと思って見に行ってみると残念ながら子供用の下着はなく大人用の下着や寝巻きなどが売られていました。

見た感じは下着があちこちに山盛りに置かれていて、何だか雑然とした雰囲気でしたが、それでも沢山のお客さんがが下着を選んでいます。

何で下着がこんなに売れるのかと下着商売人のアジョシのトークを聞いていると、これが面白い。

50歳は越えるアジュンマ(おばさん)に向って

「アガシ!(お嬢さん)この下着の質を他の安物と同じにしちゃあいけないよ。百貨店でも売っているメーカー品でっせ!」(←というような口調)

というのでアジュンマが

「アジュンマに向って、何がアガシよ!」

と笑いながら言うと

「アガシって呼んだほうが気分が良いでしょ?アガシ!」

という調子でお客の機嫌をとりながら、それほど安くない下着をメーカー品のセールだと言いつつ、5枚6枚とまとめて売りさばいていきます。

時には「もっと安くして欲しい」というお客さんとの喧嘩のようなやり取りをしつつも何故か客は気分良く笑顔で買って行きます。

時にはお客さんとやり取りをしながら“ヨンスギオンマ”(ヨンスクちゃんのママ)“チョルスオンマ”(チョルス君のママ)等と呼びかけているので最初は知り合いなのかと思っていると、客が

「ヨンスクのママじゃないわよ」

と言うと、アジョシはすかさず

「じゃ、ミンスオンマ!」

と言いながら、面白トークを続けて客を笑わせています。

「綿の生地の方が良い」

等と、という客には

「何言ってんのぉー?アガシ!今は綿のパンツをはいてたら田舎ものだと思われて、お風呂屋さんやサウナで他の人に見られたら恥ずかしいよ。代わりにこの機能性パンツをはけばサウナ中を何周も歩き回って見せびらかせたくなるんだから。」

等と、とにかく弾丸のようにスラスラと言葉が飛び出してくるアジョシの頭の中を一度見てみたいと思うほどでした。

年齢は50代前半。格好もランニング下着の上にネクタイをし、長袖ワイシャツを羽織って短パン姿という、このまま町を歩いていたらただの“変なおじさん”ですが、商売人としては只者ではありません。

少し客が少なくなって暇そうな時に

「アジョシ!なんでそんなに話が上手なんですか?本当にセールストーク達人ですね。」

と話しかけると

「下着の商売30年もやってるから自然と身に付いたんだよ。相手がヨンスクのママかチョルスのママかそんな事は知る分けない。客が楽しんで買い物をしてくれれば良いんだ。」

と言いながら楽しそうに商売をしていました。

誰にでも同じように商品説明をするのではなく、お客のノリにあわせてアジョシの口調も変わり、なんとなく見学に来たお客さんまでも買う気にさせてしまうというところは本当に素晴らしいセールストークの技術だと思ってしまいました。

少しザツな言葉を使うところもありますが、それがまた庶民のアジュンマ達には親近感がわくようです。

普段はソウルで大きなお店を構えているらしいのですが、在庫品などをアルトゥル市場などで安売り販売して回っているとの事でした。

私は目的の物がなかったので買い物はしませんでしたが、アジョシのセールストークショーを見たような気がして、楽しいアルトゥル市場見学になりました。


「アルトゥル市場が再開して良かったね」と思われた方はこちら⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。



posted by hisami at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。