スポンサードリンク

2007年09月23日

うちの赤ちゃんが一番可愛い

今年は「黄金ブタ年」といって、60年に一度の貴重な年ということで韓国ではちょっとしたベビーブームのためか産婦人科も産後調理院も忙しい様子です。

先日トンソと赤ちゃんの面会に行きましたが、産後婦(?)の多さには驚かされました。

まずは病室で休んでいたトンソに会いに行き、

「お疲れ様!難産だったと聞いたけど、良く頑張りましたね。」

と言うと

「本当に大変でした。もう二度と産みたくないですね。^^;」

と、苦笑いしていました。

暫くトンソと話をしていると赤ちゃんの面会時間になったので、赤ちゃんを見に皆で新生児室に行く事にしました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



新生児室の様子がガラスを通して見ることが出来ますが、名前を伝えるとトンソの赤ちゃんをガラス越しに運んできてくれました。

赤ちゃんの面会時間が決まっているので、同じ時間に面会に来た人達と重なり、ガラス越しに次々と並べられていく赤ちゃんの様子を少しでも見ようと家族や親戚達が覗き込みます。

その様子はまるで動物園のパンダでも見ているような感じでした。

そして、それぞれの赤ちゃんを見ながら

「あらら。泣いてるわ。お腹が空いたのかしら。何で泣いてるか聞いてみたら?」
「まー、子の表情見て!可愛い〜」

等の声が聞こえてきます。
そしてその中で一番多かった言葉は

「うちの子が一番可愛いわ〜^^」

と言う声でした^^;

トンソの赤ちゃんは面会時間の初めから終わりまで少しも動かずに寝ていましたが、ガラス越しに並んだ他の赤ちゃん達を見ると、どの赤ちゃんも真っ赤な顔をして目をつぶっていて、こぶしぐらいの顔が見えるだけで、正直言えばどの赤ちゃんも同じように見えましたが、自分の娘(嫁)や知り合いが生んだ赤ちゃんは特に可愛く見えるのでしょう。

今日の午前中に退院して来た赤ちゃんを直接見ましたが、少しでも表情の変化があると、まるで人形が動いているようでずっと見ていても飽きません。

思わずチュソクの準備を忘れて赤ちゃん見学ばかりしてしまいそうになりました。^^;

今回のチュソクは「産後のケアーを最優先にする」と言う事でソンピョン(餡子もち)やヂョン(野菜などに卵を付けて焼く)などのお供え物は省き、新生児が家にいるからと親戚達も呼ばないとの事でしたが、簡単に準備すると言ってもそうはいかないと思います。

昨日から旦那の弟が田舎からチュソクの休暇で帰って来ていますし、夕方にはアガシの家族が遊びに来ていて今日一日の大量の皿洗いも5回済ませました。(食事の時間がバラバラなので)

そして、その間に掃除やチュソクの準備をして今やっと一息ついたところです。

これからシデクへ行かなければならないアガシは準備の為に片付けが出来ないからと

「オンニが苦労しますね。」

と、皿洗いをしている私に声を掛けてきたので

「何言ってるんですか、これは序の口。これからが始まりでしょう。」

と言うと、

「確かにそうね。これからが始まりだわ。」

と、これからシデクへ行ってしなければいけないチュソクの準備や片付けを思い浮かべている表情でした。

とにかく、産後ケアーにチュソク準備と家の中が慌しく落ち着かない雰囲気ではありますが、あまり無理せず、夫にも仕事を手伝ってもらいながら今回のチュソクを乗り切りたいと思います。

応援して下さる方はこちら⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。



posted by hisami at 14:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族間の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チュソクに産後のケアーとはたいへんですね。やはりワカメスープとか半ば強制的に飲ますことになるんですか?「出産したらワカメを食べるのよ そして 朝鮮人参、これが効くわよ」となんどか未婚の私にお説教してくれた韓国人がいました。^^; また 分娩のとき「日本女性は静か過ぎる なぜわめかないのだ?」とも。^^; しばらく大変な生活でしょうが、頑張ってください。^0^
Posted by でこサングン at 2007年09月23日 16:52
私は産後ケアーと言っても赤ちゃんの洗濯物をする位ですが、義母は色々気を使って大変そうです。

もちろんワカメスープは毎食でますが、トンソがあまり食べないと、
「お乳が良く出る為に無理にでも食べなさい」
と言われているのを見て、私の産後ケアーをしていただいた時の事を思い出しました。^^;
トンソのおかげで朝鮮人参入りサムゲタンも昨日食べましたよ。

>分娩のとき「日本女性は静か過ぎる なぜわめかないのだ?」とも。

そういえば、私がお世話になった産婦人科の看護士も

「日本人の妊婦は出産の時にとても我慢強くて感心する。」

と言っていました。

その我慢強さで「チュソク+産後ケアーのお手伝い」、頑張りたいと思います。
Posted by hisami at 2007年09月24日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。