スポンサードリンク

2007年09月11日

韓国で「日本円換金」

2001年頃は、日本円を韓国のウォンに換えても100円が1000ウォン前後でしたので、換金する事にも抵抗無く、買い物をするときにも計算をするのが楽でした。(0を一つ増やす感覚なので)

それが最近は1000ウォンが700ウォン代になっていたので、日本から持ってきた円を換金するのがもったいなく感じてしまい、円をそのままにしていました。

keb5.jpg

日本人の友達から韓国で比較的高く換金してくれるという銀行を聞いて、最近は毎日その銀行のホームページで換金率をチェックしていたのですが、先週その友達から電話が有りました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



「円の換金額を見たら800ウォン代になってたから換金するなら今がチャンスかもしれないよ。」

と言います。
早速ホームページを見てみると、800前後を上がり下がりしている状態でした。

その友達が言うには

「革命的な出来事でも起こらない限りは900ウォン代に突入する事はないと思うから800ウォンを上回れば換金するべきだよ。」

との事でした。

そしてもう一つ

「換金する時に担当者はいくらかディベートをもらっているはず。少しぐらいの差額はおまけしてくれるから、少し高く買ってくれるように頼んでみるべき。」

というアドバイスをもらいました。

いつもは銀行で言われるままに換金をしてもらっていた私は「なるほど」と思い、朝800ウォン代を越えている事を確認した上で近くの銀行へ行く事にしました。

窓口で担当の若い女性銀行員に

「いつも行く常連の銀行では少し高めに換えてくれる(←ウソ^^;)のですが、そのようにしていただけませんか?」

という話を笑顔で親しみを込めて言うと、はじめは困った顔をしながら

「その記録があるのならば別ですが、当銀行ではそのような事は致しておりません。」

と断られました。

「そうですか。いつも少しぐらいの差額ならば普通に換えてくれますけどね・・・」

と、「変だな」という表情で、日本円を数えたり換金に必要な外国人登録所を提示したりしている間に、換金率が提示されてある電光掲示板を見ると日本円の換金率が少しずつ上がってきていました。

「換金額が上がってきていますね。日本円はこれからもっと高くなりそうですよ。」

と言うと、それを見た銀行員も

「それでは金額を合わせて差し上げますね。」

と言って、結局は掲示されている金額よりも気持ち多めに換金してもらう事が出来ました。
(といっても小額ですが^^;)

そういうわけで、最近の換金率の中ではまあまあ良い金額での換金をすることが出来ましたが、換金してみたらしてみたで、

「もう少し待ってればまだまだ上がったかも知れないな・・・。」

等と気になって換金率を確認したりしています。(って、もう遅いのですが・・・}

それにしても、友人のおかげで換金するのにもこうして言ってみるものなのだということが分かり、とても勉強になりました。

皆さんも日本円を銀行でウォンに換金する時は少し交渉してみると良いですよ。^^

⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。



posted by hisami at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。