スポンサードリンク

2007年09月02日

「メットゥギ」放し飼い?

最近は良く義父が娘を散歩に連れて行って下さいます。
今日も娘と少し離れた運動場まで歩いて行き、ボール遊びをしてメットゥギ(バッタ)をつかまえて帰っ来ました。

4119308532.jpg

そして、毎日少しずつつかまえて来たメットゥギが穴を開けた小さなペットボトルに沢山入っています。

娘はメットゥギを怖がってさわる事は出来ませんが、メットゥギを見ると喜ぶので義父も孫娘の為に一生懸命捕まえてきた様子です。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



先日扇風機の後ろにメットゥギが止まっているのを発見した娘が

「オンマ!メットゥギだ!」

と言うので「本当だ!」と言いながら、

「アボニム!メットゥギが一匹容器から出てきてしまったみたいです!!」

と慌てて言うと、

「あーそれ。SHが喜ぶから、わざと2匹放し飼いにしているんだ。」

と言います。
メットゥギ放し飼いって・・・^^;と思いましたが、「あちこち跳ね回るわけでもないし、特に害があるわけでもなければ良いか」とあまり気にしないでいました。

ペットボトルに窮屈そうに入っているメットゥギを見ながら義父が

「ほー。メットゥギは草を食べるんだなぁ。昨日入れておいた草が全部無くなってるよ。後で草を取って来て入れておかなきゃな。」

と言うと、義母が

「それじゃ、何を食べると思ったんですか?今朝畑に行ったらメットゥギが植えたばかりの白菜だって食べていましたよ。

そういえば昔は畑からメットゥギをつかまえて来て炒めて食べたけどね。メットゥギって体に良いのよね。」

と言います。
ま、日本でも佃煮にして売られているのを見かけたことはありますので食べることに対しては驚きはしませんでしたが、捕まえて来た虫を炒めて食べるなんてすごいと思いました。

虫の姿をした食べ物は好きではありませんし、実際に動いているメットゥギを見ると、「食べる」ことを考えるだけで気持ち悪くなってしまいます。

そんな“メットゥギ話”をしていると娘が再び

「メットゥギだー」

と言うので指差す方向を見てみると、もう一匹のメットゥギが窓ガラスに止まっていました。「二匹目はここに居たのね。」と思っていると。

「オンマー!パバー!メットゥギガ シーヘッソ!」
(ママ!見てー!バッタがおしっこした!)

と嬉しそうに言うので見てみると、メットゥギのすぐ下に黄色いおしっこのしずくがくっ付いていました。^^;

放し飼いにしておいても害は無いと思っていましたが、部屋を汚す事が分かったので、すぐに夫に言って、2匹とも容器に戻してもらいました。

子供の教育には生き物を飼うのは良いことかもしれませんが、決して昆虫を放し飼いにしないようにしてくださいね。

って、そんな家庭はきっとないと思いますが・・・。

「そりゃー昆虫だって排泄するさ」と思われた方はこちら⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。



posted by hisami at 14:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族間の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは(^^)
読んでいてとってもほのぼのしてしまいました。私の義理父(亡くなって8年経ちます)を思い出しました。こんな風にお孫さんを可愛がってくれる(苦笑することはあっても)ご家族の存在ってすごく大切ですね。
Posted by IS*ちえ at 2007年09月04日 11:16
<ちえさんへ>

こんにちは。^^
時には可愛がりすぎて甘えん坊になってしまうことが心配になることもありますが、義父母の「無償に与える愛情を受ける」というのも娘にとっては良い経験なのかもしれませんね。

いつも厳しい義父も孫娘にだけは目じりが下がり、一緒になって遊んでいる姿は本当に微笑ましいです。
Posted by hisami at 2007年09月04日 13:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。