スポンサードリンク

2007年09月01日

後ろの座席に座った義父

先日、娘を義母に預けて私と夫と義父の3人でイルサンへ行く用事がありました。

いつもならば夫が運転し、助手席には義父が座り、私は後ろの座席に座るのですが、後ろの座席には荷物が積んであって不便だから前に座るように言われて私が助手席に座ることになりました。

2239093757.jpg韓国の車は左ハンドルです

普段は夫の運転が始まると、義父から運転の事について口うるさく言われると気が散るので、その為少しブルーだった夫も私が隣に座ったことで少し安心した表情でした。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



後ろに座った義父は、始めのうちはいつものように

「ここは一斜線に入ったほうが良い」
「バックミラーを良く見ながら車線変更しなさい」

等の、教習所の教官のような事を言っていましたが、暫くしてから前傾姿勢で運転の様子を見ているのが疲れたのか、何も言わなくなりました。 

そして暫くすると、

「それにしてもED(親戚の娘)は大きくなって益々可愛いくなったなぁ」

と、義母の還暦祝いの日に来たEDのことを思い出したようで、その話題になりました。

確かにEDは小さい頃からとても可愛らしく、もう少し積極的だったらテレビの子役でデビューしていたかもしれないほど顔立ちが整った女の子です。
(EDは実際オーデションを受けた事がありますが、消極的な性格のため、難しかったようです。)

そのEDと比べられて落ち込んでしまったWJの話を私から聞いていた夫は

「でもアボジ(お父さん)、確かにEDは可愛いですけど、だからといってWJと比較したら可愛そうですよ。WJもそうとう落ち込んでいたようですよ。」

と言うので、私も“ここぞ”とばかりに

「そうですアボニム(お父様)。目が小さいとか、外見のことで比較したら可愛そうですよ。アボニムがその話をした後、WJもすねていましたし、WJにとってそれがコンプレックスになってしまいます。
WJはとても気持ちの優しい良い子だし、私から見れば十分に可愛らしいと思います。」

と少し柔らかく丁寧に話しをすると、義父も何かを感じたのか

「・・・ま、そうだな。WJはとても頭が良いし、良い子だ。」

と、言うのでその後は夫と私でWJの事を褒めまくり、結局最終的には「子供は外見で比較したら傷つく」という話しを伝える事が出来ました。

他にも当たり障りのない話をしながら無事目的地に到着しましたが、今回の車の移動は義父が後ろの座席に座って下さったおかげで、とても良い交流が出来たと感じます。

いつもこうだと良いのですが、普段は娘も居ますし、

「私が助手席に座りますから、後ろで娘を見て下さい」

とは口が裂けても言えないので、これからも助手席には義父が乗られることでしょう。
ですので、今回は非常に貴重な経験をしました。


「車の席順にも気を使って大変ね」と思われた方はこちら⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。


posted by hisami at 12:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族間の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!!

韓国の人は平気で

親戚の集まりの時に
平気で人の子の外見を言うんですね。

日本じゃ、考えられないですね
悪気があって言ったんじゃ
ないと思いますが、
自分の子があれこれ言われると
気分悪いですね。

Posted by saw at 2007年09月01日 18:38
 韓国人は、美人を見ると、「チャルセンギダ」というのでしょう?昔、関釜フェリーの待合室で、若くて美しい女性が座っていました。美しい人だなあ〜と見ていたら、私の横に座っていたおばさん二人組が、、「チャルセンギダ〜」と女性を見ながら話をしていました。
 直接的な表現だなあ〜、と感じました。反対の場合の言葉もあるのですか?
Posted by shunshun at 2007年09月01日 18:48
こんにちは!

度々訪問してますがいつも面白いブログっすね!


毎回参考になります!!

よかったら僕のブログにも遊びに来
て下さいね。

応援ポチっと
http://ameblo.jp/kisekinosarariman
Posted by 月収300万円 at 2007年09月02日 13:58
<sawさんへ>

はじめまして^^
決して悪気があって言ってるわけではないのは分かりながらもそれに慣れなかった頃は何気なく言われることに傷ついたりしていましたよ。

もちろん、相手の気持ちを考えて発言する人も多いので、「韓国人は皆そうだ」とは思わないで下さいね。

また遊びに来て下さい。


<shunshunさんへ>

「チャルセンギダ」は確かに直接的ですね。
他にも「アルンダプタ」「イェップダ」という(美しい)「モシッタ」(素敵だ・カッコいい)などの表現もありますが、

「チャルセンギダ」(顔立ちが整っているわねー)という感覚で良く使われますね。

反対語は「モッセンギダ」ですが、これはいくらハッキリ言う人でも本人の前では使いません。又、物などにも使われます。

例)モッセンギン クァイル=出来の悪い果物

Posted by hisami at 2007年09月02日 16:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。