スポンサードリンク

2007年08月09日

長女の嫉妬

私の娘(以下SH)は夏休みで預けられているアガシの娘(WJ)を「オンニー!」(お姉ちゃん)と慕って、まるで本当の姉妹の様に毎日楽しそうに遊んでいます。

小学2年生のWJは義母の誕生日で一日来ていたママとパパが家に帰って行く時には

「一緒に帰りたーい」T.T

とぐずって、涙の別れをしていましたが、今週一杯は家に居る事になっています。

先日の事、朝早く目覚めたSHに朝ごはんを食べさせると寝足りなかったのか、少し眠そうです。

私は仕事があり、娘を寝かしつけている時間も無かったので、娘を義母に預けて仕事をしていました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



すると、WJが何だかさえない表情で私の部屋にやってきました。

「どうしたの?またママの事思い出して寂しくなっちゃった?」

と聞くと、首を横に振って涙を流しながら話し始めました。

「ハルモニ(おばあちゃん)が私の事を布団の端っこに押しやって私が使っていた枕を取り上げてSHの枕にして(SHを)布団の真ん中で寝かしてるの。」T.T

と言うのです。
その話を聞く前にWJが布団の隅っこまで転がって行って寝ている姿を見ていた私は、

「WJが寝ている間に布団の端っこに転がって寝ていて、枕も外れてたよ。それに、まさかハルモニが可愛いWJにそんな事する分けないでしょ。」

と言うと。

「本当だよ。行って見てくれば分かるよ!それに、枕だってちゃんとして寝たもん!」T.T

と言うので、とりあえず

「そうか、WJはそれで気分が悪くなったのね。よしよし」

となだめておきましたが、WJはその事だけではなく、娘と一緒に遊んでいても

「お姉ちゃんなんだから妹に譲りなさい!」

と言われたり、今まではおじいちゃんとおばあちゃんが自分だけ可愛がってくれたのにSHを可愛がる姿を見て、自分よりもSHに関心を示しているように見えるのかもしれません。

後で朝の出来事を義母に聞いてみると、やはりWJが枕もはずして布団の隅っこに転がって寝ていたので、布団の空いているスペースに転がっていた枕で娘を寝かしつけたとの事。

ま、そんな事だろうとは思っていましたが・・・。^^;

一人っ子のWJにとっては妹が出来て可愛いと思う反面、自分への愛情を取られたと思って嫉妬しているのかも知れません。

そのせいでSHをいじめるようなことはありませんが、ぐずったり甘えたり、泣いたりして大人達の関心を引こうとします。

特におじいちゃんおばあちゃんには反抗的になるので、義母は

「WJと接するのが難しいわ。言う事も聞かないし、何か言ったら反発するし、どうしていいのか分からない。」

と、まるで反抗期の子供を持つ親のようでした。

WJも「赤ちゃんがえり」しているだけだと思いますが、もうすぐトリョンニム夫婦にも赤ちゃんが誕生する予定なので、いずれは娘もWJと同じような反応をするのだろうと思うととても勉強になります。

義父母の意識も孫娘たちに分散されて、息子達(夫やトリョンニム)や息子の嫁(私とトンソ)に神経を使いすぎるようなことが減るためか、今のところ大家族ながらにも家庭の調和が保たれていると感じます。

これでもし子供達が居なかったら、お互い神経を使って色々と大変だったでしょうね。

そう考えると、子供が嫉妬したり、赤ちゃんがえりしたり、喧嘩をして泣いたりしても、なんだかとても微笑ましく思ってしまいます。^^

「子は鎹(かすがい)」と言う言葉がありますが、夫婦だけではなくて、家族をつなぎとめ、調和をもたらす働きもするのでしょうね。

「同感」の方はこちらをクリックして下さい^^⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。



posted by hisami at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族間の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。