スポンサードリンク

2007年06月14日

日本と韓国の「既婚女性の違い」

先日「韓国人男性は40歳になると浮気をする?」という内容で韓国人女性は結婚すると10歳年を取ったように見えるという話をしました。

その「10歳年を取る」という表現は少し大げさだったかもしれませんが、韓国の女性は結婚後(特に出産後)見た目が急激に年とって見えるようになることは事実です。

日本に帰ってきて近所のママ友や既婚の同級生に会うと、髪型や服装も若いし、ノリも非常に若く、表情も良いのでどうも比較してしまいます。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



日本に住む韓国人の友達は見た目ももそれほど結婚前との違いを感じないのですが、韓国に住むママ友は実際の年齢よりも少々高齢に見えるような気がします。

先日、地元の幼稚園(私の出身幼稚園)で来年入園予定の子供向け「体験入園」が行われていたので娘を連れて参加してみました。

そこでも娘の付近で遊んでいる子供のママに話しかけては交流を試みましたが、やはり「若い」というイメージでした。

子供の行動に戸惑っておろおろする感じにも「若さ」を感じましたが、生まれたばかりの子供を連れて来ているママや「この子、三人目の子なのー。^^」と言っているママも

「えーっ!本当ですか?!」

と耳を疑うほどの若さです。

日本では「おいくつですか?」などと実際の年齢を聞くことが失礼だと分かっているにもかかわらず、韓国風についつい聞いてしまいそうになります。

が、その時点では我慢します。
何度か会って少し仲が良くなってから年を聞いて、「えーっ!」と驚く事も少なくありません。

韓国でも芸能人は40歳、50歳になっても若々しく美しい既婚の女優さんは多いのですが、一般の既婚女性は「アジュンマ」(おばさん)というイメージに本当に早く近づくような気がします。

では、日本と韓国の既婚女性の若さの違いはどこにあるのでしょうか。私なりに“勝手に”考えて見ました。

まず韓国では結婚してすぐの嫁の仕事は「妊娠・出産」です。
夫婦が望んでいるいないにかかわらず、なかなか子供が出来ない場合、親戚中の催促の声がかかります。

気にせず聞き流せば良いのですが、年に数回家族や親戚が集まるイベントが有る韓国では顔を合わすたびに言われるので聞かぬフリをするわけにもいきません。

「計画的に子供を作りたい」と考えている友達もその攻撃にはかなり参っていました。

そして出産。
出産前には男の子か女の子かというプレッシャーがあります。男の子なら何も言われませんが、女の子の場合は「もう一人産むように」という話を聞かされ続けます。

以上は精神的なストレスですが、肉体的なストレスもあります。

まず妊娠中。
日本では出産時にはあまり太ってはいけないという指導を医者から受け、臨月までにも10キロ増ぐらいで抑えるところを韓国では15キロまで問題なしとされています。

お腹の中の子供も沢山栄養が取れるようにと妊婦中には良く食べるように言われるので産後肥満になりやすいようです。

出産前だけではありません。
生まれてからもお乳が良く出るようにと産後すぐにはミヨクッ(わかめスープ)を毎食どんぶり一杯。

しかも産後はそれでなくても部屋にこもりっきりの「食っちゃ寝」生活で消化不良のところへ、一日5食食べるようにと義母に食事を用意されたときは旦那に丁重に断ってもらいました。

私の場合は出産中に体重の急激な増加は避けたいと日本式で食事の調整をしていたのでそれほど太りませんでしたが、出産後にかなり太ってしまった韓国のママ友は冗談で

「この子(産んだ)のせいで太ったのよ。」

と言っていました。^^;

それから努力をしてダイエットをする人もいますが、こうした出産を境に体系はアジュンマ(おばさん)に近づくようです。

次に産後。
産後のケアーを義母がして下さる場合はかなりケアーされているほうも気を使うのと昔と今の赤ちゃんの扱い方の違い(意見の食い違い)にストレスを感じます。

※お金はかかりますが産後のケアー施設に入ったほうが気は楽かもしれません。


・・・と、まあここまでの過程でも心身ともに年老いてしまう原因があると思いますが、子供が出来た後も「育児」「子育て」の社会的な援助の少ない国である分、その負担が主婦に全てかかってきます。

これでは結婚後に早く年を取って見えてしまうのも無理はありませんよね。

お金がある場合は
・子育てはベビーシッター。
・家事は家政婦に全てお任せ。
・移動は運転手つきの外車で。
・子供を預けている間はネイルサロンに美容院。
・若さキープにスポーツジム又はエステサロン通い。

という生活も出来ますが、それはドラマなどに出てくる金持ちの場合です。一般市民にはほぼ「ありえない生活」です。

私は韓国でも日本式に考えたり手を抜いて生活をしている部分が多々ありますが、まともに韓国式の生活をしていたら結構しんどいかも知れません。

これからも韓国に住みながらにして、韓国社会にはまり込まないような生活をしなければ「若さキープ」は難しいかもしれないと思わされます。

韓国に帰ってからの生活を考えると、日本にいる間にかなり充電していかなければならなそうです。

韓国に帰ってからも生活の違いなどを細かくお伝えできるように日本の生活を味わって帰りたいと思います。

「韓国の主婦たち頑張れ!」と応援してくださる方はこちらをクリックして応援してください。⇒FC2 国際結婚ランキングへ

いつも温かい応援ありがとうございます。^^



posted by hisami at 16:52| Comment(11) | TrackBack(0) | 韓国人の国民性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです、hisamiさんになられたんですね。カナダ在住のちかりんこです。相変わらずとても楽しいお話ばかりで楽しませていただいています。私のまわりのコリアンのママも”おばちゃん”系がたしかに多いです。もっとオシャレしないのかな〜といつも思っていますが一人だけ私〈38歳〉より6歳上なのにとってもお肌ツルツルの若々しいママがいます。そのママからお肌のケアやいろんなことを教わっています。メンタルな面でも”ダンナさんに従うだけなんてダメよ、フェアじゃないわ。自分が本当にどうしたいか考えないとだめよ!”な〜んて教えてくれます。勉強になります、とっても。楽しいブログこれからも楽しみにしています!
Posted by ちかりんこ at 2007年06月16日 04:24
ちかりんこさん。こんにちは^^

ちかりんこさんのお友達のママさんは考え方もスタイルも近代的(?)なんですね。

韓国のママ友にも、女性が家庭内の主権を握っていて美容にも気を使っている人もいますが、一般的にはどうも韓国の「アジュンマはこういうもの」という型にどんどんハマっていってしまう傾向が有るように思いますね。

自分はハマらないように避けているつもりですが、たびたび「アジュンマ化」している自分を発見することがあります。^^;
Posted by hisami at 2007年06月17日 22:06
始めまして。
私も韓国の方と恋愛中です。
hisamiさんのブログを一気に読んでしまいました!わたしの彼が教えてくれない事(隠してる事?)をたくさん知ることができました!!
またお邪魔しますね!!!
Posted by べべ子 at 2007年06月18日 13:17
私は結婚して間もないのに 夫から 子供を早く作ろう、と毎日せかされ、
うんざりです・・・
まだ新婚生活を楽しみたくて、数年は子供を作るつもりはないのですが、まわりの友達(もちろん韓国人)からは「早く子供作らないとね」などと普通に言われます。
日本の友達(子持ち)を見てると、独身時代と変わらない容姿と気持ちをキープしてる人がたくさんいます。でも私がここ韓国で果たしてそのようにできるか、とても不安です。自分を犠牲にしてまで、子供にすべてをささげるのが当然とされる韓国ですから・・・
私は子供ももちろん大切ですが、自分自身の人生も大切だと思っています。
子供を生んだからといって  私 というものがなくなってしまって ○○オンマ(○○ちゃんのママ)、 という存在だけになってしまうのがいやです。
hisamiさんのおっしゃるとおり、韓国では子育てや出産などにかかわる国の支援がほとんどないため、その分負担がそれぞれの家にかかってくるので、 オンマが 自分のことなんて気にしてる余裕もなくなってしまうのではと思います。
韓国も今後、社会保障などが充実してくれれば アジュンマ化する オンマも減るのでは・・・と勝手に思っています。(もちろんアジュンマ化はそのほかにいろいろ要因がありますけどね^^;)
これからも興味深い記事期待してます!
Posted by 年上妻 at 2007年06月18日 23:13
はじめまして。韓国の習俗や文化を日常の出来事から感じられ、とても楽しく興味深く読み込んでしまいました。
私のマンションの上の階にも、小さな男の子が1人いる可愛いアジュンマさんが先日越してらっしゃいました。
初めに階下の家に何の挨拶もなかったので、ちょっと「変わった方だな〜」と思ってました。(コレ、別にいじわるで言ってるんじゃあないですヨ。)
そしたら次は、布団やらシーツやらをベランダの欄干を通りこして、バタバタはたいて埃等を下に振り落とし始められたんです。お天気のいい日には毎回これがはじまります。これには階下に住む私としては、ちょっとやめてよ〜〜〜(>o<)って感じです。なんか下にゴミやらダニを捨てられてるみたいで、階下に住む者としてはたまりません。今まで日本人の方では、こういう方はいらっしゃらなかったもので・・・

これも文化の違いなのでしょうか?それとも、そのアジュンマさんがマンション等の共同住居に住んだ経験がない故の行動なのか?・・・いずれにしても私にとっては不思議な行動で、ちょっと気になっていたので、ここで質問してしまいました。本題からずれてしまい、もしお気を悪くされたのならスミマセン。
Posted by マリリン at 2007年06月19日 22:11
<べべ子さんへ>

はじめまして。^^

彼が韓国の方、なんだか増えているような気がしますね。

私としては韓国の方と付き合っている、或いはこれから結婚予定の方々にはかなり役に立つ情報をお届けできると思います。

これからも遊びに来てくださいね。


<年上妻さんへ>

「毎日子作りをせかされる」というのもすごいですね。でも、せかされているのは年上妻さんだけでなく、旦那様もご両親からせかされていることかも知れません。

私の友人も「電話をするたびに言われるので電話もしたくなくなった」と言っていました。

私も2人目を強く願われていますし、夫もご両親から言われるようですが、夫婦で話し合って2人目の子の幸せを考えて時期を考えて計画的に作れたらと思っています。

そうです。
韓国は子供のために犠牲になることが当然というところが有りますね。
特に女性は家族の為に犠牲を強いられる社会だと思います。・・・が、そこで諦めて韓国社会に巻き込まれてしまったら「アジュンマ化」は避けられないでしょう。

結婚して特に子供が生まれると自分の名前で呼んでもらえないどころか○○オンマ、時には娘の名前で呼ばれる事も有りますが、私もそれが嫌で夫には名前で呼んでもらっています。

韓国で自分が無くなってしまわないようにするには努力が必要だと思いますが、お互い頑張りましょう!!


<マリリンさんへ>

はじめまして^^

韓国では多ければ2年に1度ぐらいのペースで引越しをするのが普通ですので、引っ越すたびに丁寧に挨拶回りをすることもあまりありません。

いつのまにか上の階の入居者が変わっていて、近所に承諾も無く室内の改装工事を初めて昼間からガガガガー!ドドドドー!という騒音が響き、初めて引っ越してきたことが分かるなどということも珍しくありません。

あまりに迷惑な騒音やペットなどの悪臭ゴミ捨て等のマナーの悪さなどは、アパートの棟ごとに行われる集会でルールを決めて管理会社の方からの注意書きが掲示板に張られたり、直接「○○は△△なので止めていただけませんか?」と話して解決するかです。

引っ越して来られた方ももしかしたら引っ越してくる前の習慣のままに行っていて、悪気は無いと思いますのでさりげなく話をして見ると良いかも知れませんね。

私も日本では「OK」でも韓国では「NG」ということで苦労したことも有りますので、海外で生活することの大変さを考慮してその方に接して下さると私も嬉しいです。

他にも気になることがありましたらどんどん質問して下さいね。

私に答えられる範囲でいつでもお答えします。
Posted by hisami at 2007年06月20日 20:16
hisamiさん、早速のお返事ありがたく、とても嬉しいです。
やっぱり引越しの挨拶はあまりしないんだ・・・と思うと、なんだかスッキリしました。
おっしゃる様に、海外生活の大変さを慮る余裕を持って、これから階上の方とお付き合いをしていきたいです。良きアドバイスをありがとうございました。
Posted by マリリン at 2007年06月20日 22:48
韓国在住です。子供はいませんが、子供が好きです。でもいろいろなことがあり、義理の親のそばで義理の親の孫になる子供を作りたくないです。日本で住めるなら別ですが、、これを読んでますます拒絶反応です。
Posted by トラウマ at 2007年06月21日 18:39
トラウマさんへ

ご主人のご両親に産後ケアーをされるのが負担でしたら、理由を付けて「サンフチョリウォン」などを利用されればご両親にはあまり気を使わずに済むかも知れません。

日本のご実家で出産されるという方法もあります。

日本で暮らすこともご主人と相談して計画を立てれば(若いうちでしたら)そんなに難しくは無いかもしれません。

私の知り合い(日韓カップル)の7割は日本で暮らしていますので、何事も不可能だと思わずにトラウマさんが安心して子作りを考えられる環境を作って、前向きに考えて頂けたら嬉しいです。
Posted by hisami at 2007年06月21日 20:20
hisamiさん、初めまして。
私は近々韓国人の男性と入籍と出産を控えています。出産は日本でします。義両親が「産後3ヶ月はしっかり安静にしなさい」と言ってくださっているので年明け〜韓国生活がスタートします。
実は、韓国での生活は初心者です。
いろいろな日韓カップルのブログを読むに連れて楽しみと不安と入り混じっています。

いつもhisamさんのブログを楽しく拝見させて頂いています。
とにかくまずは「元気な赤ちゃんを!」産む事が大事ですね^^

又、ちょくちょくお邪魔させて下さい。
よろしくお願いします。
Posted by eli at 2007年06月22日 11:23
eliさん。はじめまして^^

ご入籍おめでとうございます!
eliさんは日本で出産を予定されていらっしゃるのですね。

私の友達も「安心した環境で生みたい」と日本で出産し、落ち着いてから赤ちゃんを連れて韓国に戻った人もいます。

韓国生活が始まると生活の変化に戸惑う事も多いと思いますが、何か分からない事が有りましたらいつでも質問してくださいね。

元気な赤ちゃんが生まれることを心より願います。

また遊びに来てください。
Posted by hisami at 2007年06月23日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。