スポンサードリンク

2011年09月08日

風邪+腸炎+肺炎?!

先日、娘がひどく咳をし、朝から嘔吐を繰り返していたので学校を休ませ、いつも通っている耳鼻咽喉科に連れて行くと、いつもなら耳の穴を診て、のどを診てお腹と背中に聴診器を当てて終わり。

病名と注意事項を聞いて「ありがとうございました〜。」と挨拶をして診察室を出てくるところが、その日は違いました。

やたらと聴診器を当てる時間が長く、右胸左胸と繰り返し聴診器を当てています。
そして、いつものように「お母さん。・・」と始まったのですがお医者さんが言うには

「Hちゃんの呼吸の音聞くと、少々肺炎の疑いがありますね。今肺炎がとても流行っておりますので万が一のために聖母病院で診察を受けてみてください。紹介状はすぐに作成し、午前中に診察を受けることができるようにいたしますから。」

と言われ、

「もし肺炎だった場合は症状がひどければ入院することになるかもしれません。」

とまで言われました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



今までは「風邪ですね〜3日分お薬出しておきますね。また症状が続くようでしたら○曜日に来てください。」と言われ処方された薬を一回の薬局で受け取って帰るパターンだったのに、その日の診断結果はかなり衝撃的でした。

「足が痛くて歩けなーい。」

と言う娘のために自転車で来ていたので、紹介された病院までそのまま自転車で向かうことにしました。

娘が肺炎かもしれないと言う診断に衝撃を受けましたが、何事もないだろうと自分自身をなだめていた矢先、娘を自転車の後ろに乗せ出発したとたんに再び嘔吐。

娘も私が少し動揺しているのを感じとったらしく気が弱くなっていて、聖母病院に向かっている途中、後ろで

「ママ〜!助けて〜。肺が苦しい〜。吐きそう〜。死にそう〜」

などと、繰り返し言ってきます。

「分かった。今、先生が紹介してくれた病院に向かっているから。治療を受ければ良くなるからもう少し我慢して。それに『死にそう』なんて変なこと言わないの!」

と動揺する気持ちを抑えながら少しピッチを上げて聖母病院に向かいました。

紹介状があったので受付でそれを見せて手続きを済ませると、案内の職員が

「経歴10年を超える有能な先生なので特別料金になりますが、同意のサインをお願いします。」

と言います。

耳鼻咽喉科で指定した医師がその医師なら「同意できません」と診察を受けずに帰るわけにも行かないので同意のサインをし、他にも色々と言われましたが娘の心配で頭が一杯だった私はとにかく言われるままに書類を作成して提出し、案内されるままに2階の診察室に向かいました。

初めての病院だった為、診療室がどこにあるのか、どうしたら良いのかなどが全く分からず、その辺の案内係りの人に尋ねながらなんとか診療室の前にたどり着き、しばらくすると診察をしてもらう順番が回ってきました。

パソコンの画面を見つめている経歴10年以上と言う無表情の医者がどんな症状かと聞くので

「昨日一日中咳をしていて、下痢気味で昨晩熱が出て今朝吐きました。家を出た時に一回こちらに向かう時に一回吐きました。耳鼻咽喉科で肺炎の疑いがあると言うことでこちらに来ました。」

というと、カタカタとパソコンに症状を打ち込み

「咳をし始めてからはそれほど経ってないようですけどね〜。どれどれ。」

と言いながら娘の方に向きを変えて娘の喉を見て聴診器を当て、

「それではレントゲンを取ってきてください。」

と言われました。

非常に機械的な対応だなと思いましたが、待機中の患者も多いことだし仕方ないかと思い直し診察室を出て、

看護士が案内するままに迷路のような病院の中を娘の手を引いてさ迷いつつレントゲン室へ、レントゲン撮影が終わると再び診療室に戻りました。

レントゲンの写真を見ながら医者から「肺炎ではなさそうですね。」という言葉を聴いてまずはホッとしました。続いて

「風邪と腸炎の為4日分の薬を処方しますのでしっかりと飲ませて下さい。なるべくお粥を食べさせて乳製品や腸に刺激があるような食べ物は避けて下さい。解熱剤も処方しておきますので熱か出たら飲ませるようにして下さい。」

という説明を受け、私もいくつか質問をすると、先ほどの機械的な応対とは違い、分かりやすく説明をしてくださいました。

それほど娘が辛そうにはみえなかったのか

「天敵(栄養剤)は打たなくても良さそうですね。」

と言うので、私も

「大丈夫だと思います。ありがとうございました。」

と言って診察室を出ました。

診察料2万ウォン+薬代8000ウォンと、普段耳鼻咽喉科で掛かる約6倍の料金を自動支払機で支払って岐路に着きました。

とにかく肺炎じゃなかったことは良かったのでホッとしましたが、炎天下の中病気の娘を自転車で15分ほどの距離を往復し、病院の中をあちこち歩き回ったことを考えると、家でジッと寝かせていた方が良かったかしら?とも思わされました。

今は丁度季節の変わり目なので、朝晩は涼しく昼は暑いと言う日が続いている為か風邪や腸炎で訪れる患者の数も多いようです。

今回のことで改めて健康であることが一番だと思わされ、私自身も体に気をつけなければと思わされました。

皆さんも健康には十分気をつけてください。

⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。




posted by hisami at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国で出産・子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。