スポンサードリンク

2011年08月31日

ジョンシニオプソ(忙しくて大変)

8月の初旬に日本から帰って来てから久々のブログ更新です。

日本に行く前にピアノトレーニングボードの説明書の翻訳が依頼の返事がないままになっていたので翻訳依頼するならする、しないならしないとハッキリして欲しいと思い、柔らかい言葉でメールを送った結果、すぐに連絡があり「翻訳をお願いする。」とのこと。

翻訳には思ったより時間がかからなかったのですが、日本語を韓国語に翻訳する内容だったので韓国語の表現で色々と引っかかる部分があり、韓国語の修正などを夫に手伝ってもらいながら仕上げました。

・・・が夫はピアノを弾けるわけでもないので、日本語に翻訳した原稿を韓国人の友達にチェックしてもらわなければならないと現在預けているところです。

ま、この翻訳だけではなく、日本語の授業や他の細々とした仕事などで、人に会ったり、日本語の問い合わせが来て相談を受けたり・・・などなど、韓国語で言う「チョンシニオプソ」(忙しくて混乱状態)でした。


続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



それでも日本から帰って来て色々感じたことが多かったので何度かブログの記事を書き始めたのですが、どれも途中で断念。

メルマガに登録してくれている日本の友達からも「久しぶりにブログはじめたねー」と言われていたところだったので韓国に帰ったらちゃんと書こう。と決意して帰ってきたのにこのザマです^^;

「忙しい」を理由にしていたら何もできないことは分かっているんですが、ようするに筆不精なんですね。

「これからは書きます」と宣言したところでまたどうなるか分からないので「書ける時に書きます」とでも言っておきます。

9月から個人レッスンを始めたいという生徒が2人、グループ授業に入りたい学生が一人、新しくグループ授業を1クラス増やすかもしれない状況の中、他の仕事も徐々に始めようとしているところなので仕事があると言う面では嬉しい悲鳴でしょうか。

日本語の先生という私の適正ではなさそうな仕事に需要が増えていると言うことは一体どういうことなのかと思いますが、東北大震災以降生徒が減る現象から回復しているのはとても良い傾向だと思います。


「東北大震災」で思いましたが、日本に里帰りしていた時に小学2年生の娘が西田俊之のCMソングを覚えてきて毎日のように大きな声で歌っていました。

娘なりに聞き取ったままの言葉で歌っているので音階は合っている様なのですが内容がめちゃくちゃでした。

そこでインターネットでCMソングを検索して歌詞を覚え娘に教えて正確な日本語で歌わせたところまるで童謡でも歌うように楽しそうに何回も繰り返し歌っています。

最初は意味が分からなくても言葉だけで歌っている雰囲気だったので

「『東日本大震災』って言うのは日本で起きた大きな地震のことで、『被災地』は地震で壊れちゃった家や道や怪我をした人たちがいる場所のことで『復興』はね・・・。」

と内容の説明をしてあげると、少し心のこもった歌い方になりました。

そして歌う時は西田俊之のように少し斜めにたってなぜか右手を胸に当てたまま歌い、最後は「役立てられま〜す〜」と言いながら両手を広げます。(とてもラブリーです^^)

大震災のことはもちろん私も深く記憶していますが、韓国で生活していると時間と共に現在も多く被害者の方が現地で苦労をしていることを忘れてしまうことがあります。なので娘がこのCMソングを歌うたびに被災地のことを思い出させられ、娘にもこのCMソングを口ずさみながら震災のことを忘れないでほしいと思わされます。



・・・と話がそれてしまいましたが、とにかく現在その様な状況なのでメールやコメントの返事はなるべく書かせていただいていますが、記事のほうは更新があまり思うように進まないことをご理解いただきたいと思います。

それでも執筆意欲が沸いた時には忙しくても書くと思いますのでたまに訪問して見て下さい。

⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。




posted by hisami at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。