スポンサードリンク

2011年06月28日

多文化家庭子供合唱団に入団

韓国では我が家のように国籍が違う夫婦の間に生まれた子供達を支援するプログラムを探してみると案外色々とあるのですが、最近「子供合唱団」の案内がが学校から送られてきました。

週に1度、2時間ほどの歌のレッスンを無料で受けられて、発表会もあり、続けていれば大学の奨学金が支給されたりもするそうです。(全員ではないと思いますが)

国の支援を受けたプログラムかと思ったのですが、現在は医者や弁護士などの金銭的に余裕のある人たちの支援金で運営されているようで、指導講師も大学の教授をされている方のようです。

thumbnails[1].jpg

先週の土曜日にオーディションが行われたのですが、丁度その時間に日本語の授業があったため、夫に娘を連れて行ってもらいました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



人見知りが激しく、どちらかというと消極的な娘は人前で発表をしたり発言をするのが苦手で、幼稚園の頃からお遊戯の発表等があると極度の緊張の為か次の日に熱を出したこともありました。

それでも達成感の為か

「上手に踊れたね^^」

と褒めてあげるととても喜び、こうやって踊るんだと自慢している姿を見ると、「恥ずかしいけど嫌いじゃないんだな」と思っていたので、良い機会だと思い行かせてみることにしました。

・・・が、前日に「行きたくない!」とかなりぐずっていたので、果たしてオーディションに行くかどうか心配していましたが、アッパの「お菓子とアイス買ってあげる」の言葉に説得されて無事にオーディションに参加して帰ってきました。

どんな様子だったか聞くと、

「リズムに合わせて名前を聞いたら『わーたーしーはーS・Hでっす。』のように拍子に合わせて答えてくださいね〜^^。はい。それでは、あなたの名前は何ですか?」

等と、面接官が一生懸命SHに答えさせようとしていたのにもかかわらず、初対面の人とは一切口を利かないSHは何も答えなかったそうです。^^;

話を聞いて「やっぱり・・・」と思いましたが、それでオーディションに落ちたのかと聞くと

「オーディションというのは形式で、そういう子たちも合唱団で人前で話すのに慣れていくんだという説明を聞いて申し込みをして帰ってきました。」

と言うので、ほっとしました。

娘は行ってみたら一年の時に同じクラスだった多文化(ママが中国人)の男の子がいたのと、会場の雰囲気が良かったのか娘も通う気になったようです。

韓国のママ達は子供達に塾やピアノなどの習い事を高額の授業料を投資して通わせていますが、合唱団は無料ですし、歩いて10分の場所にあるので負担にもならなそうです。

とりあえず来月から送り迎えをしながら多文化家庭のママ達とも会うことになると思うので、そこで人付き合いも増やし、娘も人前で話が出来る様になれたら良いと思います。

⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。




posted by hisami at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国で出産・子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。