スポンサードリンク

2011年06月24日

白血病の三星職員に産災認定

梅雨が始まって3日目。雨の為、湿気でジメジメとして洗濯物が出来ないという欠点はありますが、真夏のような暑さから開放され、比較的過ごしやすい日々を送っています。

平日の毎朝7時半ごろに電話の日本語授業を行っているのですが、大手会社に勤めているKSさんに

「雨の日が続いていますね。KSさんは雨の日は気分が落ち込んだりしませんか?」

と伺ってみました。すると

「そうですねぇ。雨の日の気分は大丈夫なんですが、昨日裁判で負けてしまって少し落ち込んでいます。今日の新聞の一面にも出てましたし、ニュースでも報道されると思います。」

と言います。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



KSさんは、日本語の電話授業を受け始めたときは判事の仕事をしていて、三星に転職し、会社に関わる法的な処理を担当する部署を管理する立場で働いていらっしゃいます。

朝からまだニュースを見ていなかったので、どんな裁判だったのかを聞いてみると

「会社で働いていた職員が会社の仕事をして白血病で亡くなったのですが、それが会社の仕事のせいだという訴訟で負けてしまったんです。」

「そうですか。後でニュース見てみますね。気を落とさずにお仕事頑張ってください。」

と話してから授業に入ったですが、内容は以下の通りです。

三星電気半導体工場で働き白血病にかかった職員達に対して裁判所が「産業災害」という判決を下した。半導体工場の勤務環境と白血病発病の因果関係がはじめて認められた。 −SBSニュース

thumbnails[1].jpg

2003年10月から2005年6月まで勤務していた女性職員が白血病の診断を受けて1年9ヶ月後に亡くなり、彼女のお父さんと同じ工場で働き白血病にかかった他の職員と一緒に訴訟を起こしました。

裁判所は訴訟を起こした5人のうち2人に対して産業災害であることを認めたそうです。

裁判部は「勤務中持続的に有害科学部室に露出され白血病が発病したり、少なくても発病が促進されたと推定することが出来る。」とし、「白血病と業務の間には因果関係がある」という事を明らかにしました。

生徒であるKSさんの立場から見ると会社が裁判に負けてしまったという立場だったのですが、ニュースを見ると、何年間も白血病で苦しんでこの世を去っていった娘を思うお父さんと他の三星の職員達のことを思うと勝訴し会社からの保障が受けられるようになって良かったという気持ちになりました。(SKさんには申し訳ありませんが・・)

お金の問題ではなく、他にも多くの職員が現在も工場で健康を害しながら働いているとしたら、これを機に会社でも勤務環境を改善するなどの対策をし、これ以上の産業被害者を出さないように力を入れることになるのではないかと思うからです。

工場で働く職員達や亡くなった職員の母親が訴訟に勝った後のインタビューで涙を流していたシーンには胸が痛みましたが、少しでも早く娘を亡くしたご両親や他の職員達の心と体の健康回復を願います。

⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。


posted by hisami at 08:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国の社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このニュース、どこかでチラッと見たことは
あるのですが詳細は知りません。
知っていらしたら教えていただきたいのですが、半導体工場で働く人すべてに
白血病になる危険があるのでしょうか?
それとも特殊な作業をした人だけに
危険があるのでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by マザー at 2011年06月27日 19:06
マザーさん こんにちは^^

私もニュースだけでは詳しいことが分からなかったので、マザーさんと同じような質問に答えている人たちのコメント等を検索してみました。

すると、意見がさまざまなんですね。

ある人は過去11年に半導体工場で働いていた10人の職員が亡くなったという政府の統計を上げて「白血病になる危険がある」としています。

他には半導体を生産する過程で使用される科学物質が人体に影響があるという人もいます。

半導体工場で1年間仕事をしてる人の意見では

「白血病にかかった人も見たことも聞いたこともありません。生産ラインはむしろ外部環境よりよほど清潔です。しかし外部よりも気圧が高い為、工場に入ると体が重たいです。ですから生産ラインの仕事を長くしていると片や首などが筋肉痛になることがありますが白血病なんて考えられません。」

というコメントもありました。

なので、私も何とも言えないところですが、何かハッキリとした情報がありましたらまたお伝えしますね。
Posted by hisami at 2011年06月29日 09:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。