スポンサードリンク

2011年05月20日

週末バス学校

韓国の小学校は完全週休2日制ではなく月毎の第2第4土曜日が休みで、その他の土曜日は登校日になります。
最近の祭日や休みの土曜日は娘が体を壊したり天気が悪かったりと、外出する機会があまり無かったため今回は娘を連れて遊びに出かけようと思っていました。

日本人ママ友の子供(娘と同級生)が講演をするから見に来ないかと言う連絡が前からあったので、丁度良かったと思い、時間や場所の確認をしているところに携帯にモジメが入りました。

何かと思い受信箱を見てみると

「5月14日は7時70分までに学校の運動場に集まってくださるようお願いします。<週末バス学校>」

と言うメッセージが入っています。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



何のことだかさっぱり分からなかったのと表示された番号が知らない電話番号だったので、間違って送られてきたものか宣伝か何かのメールだろうと思って気にせず土曜日の約束をしてから電話を切りました。

すると、再び次の日に

「明日は英語村体験学習出発時間は7時40分です。送れずに学校に送って下さるとありがたいです。<週末バス学校>」

と言うメールが送られてきました。
これもまた登録されていない電話番号でしたが、今度は行き先まで書かれていたので、気になってすぐに折り返し電話を掛けてみました。

娘の名前を言ってから

「明日の体験学習って何ですか?」

と聞くと、感じの良い明るい声の男性が

「あ、SHのお母さんですか?明日パジュにある英語村に見学に行くので7時40分に学校に送ってくださいね。」

と言います。
聞くと学校で行われるプログラムで、共働きの子供たちを対象に行われるらしく、学校の担任の先生がクラスから何人かずつ推薦して下さったそうです。

娘がお知らせを私に見せないまま無くしてしまったため、情報を得ることができなかったことを伝えると到着時間や、持ち物などを詳しく教えてくださいました。

お弁当やおやつは持たせる必要は無く、当日は小さなかばんに筆記用具だけ入れてくれば良いということでしたので、お礼を言って電話を切りました。

とりあえず友達との約束はキャンセルし、週末バス学校に送ることになったのですが、無料の割にはしっかりと子供たちの管理、指導をして下さる様子で、当日もモジメで

「これからバスに乗って出発しま〜す^^」
「英語村に到着しました〜。」
「これから出発します。4時30分ごろ到着予定で〜す。」
「車が込んでいるので、5時ごろになりそうで〜す。」
「学校に無事到着しました〜^^」

などと、お知らせメッセージがその度に送られて来たので、安心して子供を預けることができると感じました。しかも、それでいて参加費は無料というところが何とも魅力のあるプログラムでした。^^


内容の濃さは娘の日記を書く姿からも十分に伝わってきました。

いつもなら日記を書く筆がなかなか進まないのに比べ、珍しく集中して一生懸命日記を書いています。
ページを何度もめくりつつ、かなりの量の文章を書いているようだったので

「おっ!今日は日記の話が長いのね。小説でも書くつもり?」

と言ったら笑っていました。
書き終わったら早速持ってきて

「読んで、読んで。きちんと読んで。全部読んで。」

と、早く読んでほしいとせがみます。
内容を読んでみると、

隊長先生と副隊長先生のもと、「モンキーズ探検隊」と書かれたサルの絵がプリントされているTシャツを着て見学をしながら英語の単語を覚えたりゲームをしたり、劇を見たり昼食はバイキングだったりと、いつも1ページだけやっとの思いで書く日記帳に5ページぐらい週末バス学校の内容が書かれていました。

嬉しかったことや楽しかったことが沢山詰まった日記を読んでから

「まあ。SHこんなに長い日記書けるなら、本を書く人になれるかもね。^^」

と大げさに褒めると、大満足の表情でした。
その日は寝る前までずっとその話が続き、興奮してなかなか寝ませんでしたが、それだけ楽しい一日を過ごせたんだと思い、

「へぇ〜っ!良かったね〜。オンマも行きたかったなーっ!」

などと、答えながら、話し疲れて寝付くまで娘の話を聞いていました。



というわけで、
1日中子供を預かってもらえる上に、準備するものもほとんど無く、それでいて学校の社会科見学並にしっかりとした内容の週末バス学校に参加させて意頂いたおかげで、私もゆったりとした土曜日を過ごすことができたのですが、何よりも娘の姿を見て、この様な経験も大切だと言うことを感じさせられました。

週末バス学校に限らず、これからも子供が参加できるプログラムがあれば積極的に参加させてあげたいと思います。

⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。


posted by hisami at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国で出産・子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。