スポンサードリンク

2011年04月19日

韓国の漫画界

私が日本語を教えている施設は漫画家制作スタジオ(以下センター)といって漫画家や作家の方々の事務所が集まっている建物です。

rimg1355_voltman7_voltman7_voltman7[1].jpg

施設の支援事務所のご協力を得て教室を借りながら日本語を教えて2年目になるのですが、そこで多くの漫画家や作家の方々と知り合いになりました。

日本語を学んでいる生徒はもちろん、生徒と同じ事務所で働いている人やセンターの行事(運動会)や通りすがりに挨拶をして顔見知りになった人などを合わせればかなりの数の漫画家、作家と接していることになります。

今月末には他のセンターと合同の運動会を行うという事なのでこれから更に多くの漫画家、作家の方々と会うことになりそうです。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



生徒の中には現在日本で漫画を連載出版している方もいれば、何度か日本で漫画を出版したことがある人もいますし、これから日本で漫画やキャラクター事業などで市場を築いていきたいという方もいます。

なので、そういう方々にとっては日本語は出版社との取引を直接するためにも必要ですし、自分の描いた漫画がどのように翻訳されているかなどを人任せにではなく確認するためにも必要になってきます。

もちろん韓国内で漫画家として活動している人も多いのですが、韓国の漫画市場はかなり厳しいようです。

日本国内で2006年に出版された漫画の単行本は10965点、漫画雑誌は305点存在した(ウィキペディア)そうですが、日本で見かけるような韓国の漫画雑誌はあまり見かけません。

ある漫画家が
「日本では漫画雑誌の沢山合って、その分多くの作家が連載機会を与えられているから新人漫画家でも人気を得て名前を知られるケースがあるけど、韓国ではそれがなかなか難しいんですよね。」
と言っていました。

それだけではなく、インターネットなどで漫画の連載をして人気が上がったら収入を得たりマンガ本を発行したりする方法もあるのですが、それもよほど人気が無い限りは収入にもならないということです。

その人は小学生などの漫画で科学や数学などの学習本を描いたりキャラクターの事業をされている漫画家で、センターでは売れていてテレビにも出演したことのある方なのですが、それでも韓国の漫画市場の難しさを訴えていました。

日本にもあるように出版社が行うコンテストなどがあれば応募して当選すれば漫画の単行本を出版する機会が与えられますが、仕事が途切れている期間は収入も途切れると言う不安定な職業です。

そのため、教科書や本の挿絵やポスターなどの制作をしながら、漫画家を続けるためのアルバイトをしなければならない人も中にはいます。

絵を描くことが好きで漫画家になったとしても、「売れない」「仕事が無い」が続くと、諦めて就職先を探して事務所を出て行く人も少なくありません。

AU25PJCALLZM3UCAFDCCDRCAP6R1IMCAW7UNM0CA335IZECAYG8H1OCAZ0QUGPCAPF0X14CAAJJK4VCAG09MSWCAXYQU3QCA71CAE1CAMSBEXDCASI2IQYCAT7J1IPCA6YF7IPCAGQHWK2CA5HI0YOCA9SU6RO.jpg105830[1].jpg

韓国出身ポロロやペッコム(白くま)のキャラクターのアニメーションやキャラクター商品は海外輸出もされ、特にペッコムの方は西洋でも受け入れられているようですが、それでもまだまだ日本の漫画界、アニメ界には及ばないようで、多くの漫画家たちの目は日本に向けられています。

日本に比べると韓国の漫画家が活躍できる空間は限られていますが、これからセンターで働いている漫画家、作家の先生方が少しでも韓国で活躍していくことを願いますし、これからもそのお手伝いができたら良いと思っています。

⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。


posted by hisami at 09:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 韓国の施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
ポロロ 私も好きです。
韓国の絵本やイラストの色使いがとても好きです。
すごい環境でお仕事されてるんですね
羨ましい〜〜〜。


テレタビーズは怖いけど…。
Posted by なお at 2011年04月21日 14:10
なおさん。こんにちは^^

そうですね。気が付けばすごい環境で仕事をしているんですよね。

漫画家、作家の先生方は想像力も豊かで個性的な方が多いので話をしているととても楽しいんですよ。

おかげで楽しく日本語を教えさせていただいています。
Posted by hisami at 2011年04月22日 12:09
こんにちは。
検索しながら、このサイトにたどり着きました。韓国の漫画事情がよくわかり楽しく読めました。結婚で韓国に住むことになったので、とても参考になります。^^これからも身近なことを色々と教えてくださいね。
Posted by なるる at 2012年01月07日 18:25
なるるさん。
コメントありがとうございます。^^

ご結婚おめでとうございます。韓国に住むことになればこれから色々な壁にぶつかっていく反面、良い経験や楽しいことも沢山あると思います。

海外生活と言う点で不安なことも多いかと思いますが、何か聞きたいことがありましたらいつでもコメントやメールを下さいね。
Posted by hisami at 2012年01月08日 18:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。