スポンサードリンク

2006年07月29日

韓国の信号機

韓国では歩行者用の信号機がとても歩行者に不親切なように思います。

それは信号を渡っている人をせかせるような信号機だからです。

「さぁ!青に変わった。渡ろう!」と2、3歩足を踏み出すと既に青信号が点滅しています。

道路の幅が短い横断歩道の場合はそれでも普通に歩いても渡りきれるのですが、6車線や8車線ぐらいの道路の横断歩道になると早く渡らないと途中で信号が赤に変わったらひかれそうな恐怖感があり、どうしても小走りになってしまいます。

ですので、健康体な普通の人ならまだいいのですが子供やご老人、妊婦さんや体の不自由な方にはかなり不親切だと思います。

どうも韓国人は「パリパリ!(早く早く)」とせっかちな人が多い気がしますが、韓国にある信号機を作ったのも韓国人だから仕方が無いのかも知れませんね。




posted by hisami at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の交通事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。