スポンサードリンク

2006年08月29日

夏休みの子供の預け場所

韓国では両親が共働きをしていると夏休みの間は子供をどこに預けようかと頭を悩ませます。

夏休みだからと約半月家に遊びに来ていた旦那の妹の娘(ウォンジョン)が帰って行きましたが、正確に言うと、旦那さんのご両親のお宅に預けられているようです。

韓国には小学生以上の子供を低価格で気軽に預けられるような施設は今のところ聞いた事がありません。

夏休みを利用した合宿のようなプログラムに参加させるなら別ですが、小学校1年生となるとそうも行きませんし、学習塾やお稽古事を一日中通わせるわけにもいきません。

中にはお金をかけてそうする親もいるかもしれませんが、お金をかけずに子供を預けようと思えば自分の親か旦那の親を頼るしかないのです。

そうでもしないと、せっかく共働きで働いたお金も子供を預ける施設に支払うことになってしまうからです。

我が家の場合はウォンジョンが家に遊びに来ていたおかげで娘の良い遊び相手にもなり、にぎやかで良かったのですが、お年寄りが子供の面倒を見るのはかなりパワーが必要になってきます。

子供が外に遊びに出たいといえば一人では危ないので一緒に出掛け、走りまわって怪我をしないかとかなり神経を使いますし、ブランコを押してあげたりと体力も使います。

それでも気軽に子供を預ける施設が無いために、両親が共働きの子供は、自分や旦那の親に子供の面倒を見てもらうしかないのです。

日本も最近は物騒な事件が増えてきていますが、韓国でも子供が行方不明になる事件を良く聞きますので、親も心配で鍵っ子状態の我が子を家に一人にしておくという事は恐くて出来ません。

韓国にも共働きの親のために、子供を気軽に預けられる施設が増えて欲しいですね。


posted by hisami at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。