スポンサードリンク

2006年09月29日

韓国料理「カムジャタン」(豚肉スープ)

72R0ZXCATBL3K5CAUWVCLRCAQLM9UPCAJGCQV1CAVJTZAHCA176AAECAT0FBF0CAYPC5YFCAZOLL22CAKKKZABCABEKX0JCAZAVKGTCA0FBK3TCAYHLGQ4CAFN5WC9CA6NV3T1CA84G1ISCA3TEFN0CALR0IOE.jpg

韓国料理「カムジャタン」は私が韓国に着てから食べた鍋物の中でも好物の一つです。


「カムジャタン」の「カムジャ」とはジャガイモのことで「タン」はスープという意味ですが、「じゃがいもスープ」というよりは豚の背肉を骨ごと煮込みますので「豚肉スープ」といった感じです。

もちろんジャガイモもダシがしみこみホクホクして美味しいのですが、日本ではあまり食べない豚の背肉も結構いけます。

スープも独特で、肉の臭みをとるため、香辛料が聞いていて、辛味噌も入りますのでピリ辛です。(激辛ではなくちょい辛程度)

骨と一緒に煮込むことで良いダシが取れるのと、その骨に付いた肉が柔らかくて美味しいので辛くても後を引く美味しさです。

肉を箸でこそぎ取りながら食べる作業も少し面倒ではありますが、ゆっくりと食事をすることができるので、食事が終わる頃にはかなりの満腹感+満足感があります。

今は料理は義母任せで作ってくださる「カムジャタン」を美味しく頂いていますが、ご両親と同居前に作った事があり、これが結構好評だったので作り方をご紹介しますね。

<材料>
豚の背骨・・・・・・・・・・・5個
ジャガイモ・・・・・・・・・小5個
唐辛子・・・・・・・・・お好みの量
エゴマの葉・・・・・・・・4、5枚
ネギ・・・・・・・・・・・・・1本
唐辛子粉・ ・・・・・・約大さじ3 
醤油・・・・・・・・・・・大さじ2 
塩・・・・・・・・・・・お好みの量
料理酒・・・・・・・・・・大さじ1
おろしにんにく・・・・・約大さじ2
玉ねぎのみじん切り・・・約大さじ3
おろししょうが・・・・・大さじ1/2
しょうが・・・・・・・・・ひとかけ
いりゴマ、コショウ、ごま油・・少々

<下ごしらえ>
・豚の背骨は1時間以上水に漬けて血抜きします。
・よく血抜きしたら大きな鍋に水を入れて、豚の背骨を下ゆでします。
・大きいジャガイモを使うときは半分に切って面取りをしておくと崩れにくくなります。

<作り方>
1.厚手の鍋にいりこのだし汁にた切った玉ねぎ、5センチぐらいのぶつ切りにした長ねぎ、しょうが1かけ料理酒を入れ煮込み、下湯でした豚の背骨を入れさらに弱火で1時間くらい煮込みます。
2.アクを取ってジャガイモを入れ、大きめに切った唐辛子、唐辛子粉、醤油、塩、おろしにんにく、玉ねぎのみじん切りおろししょうがを加えて弱火で30分くらい煮込みます。
ジャガイモに火が通ったら出来上がりです。
3.食べる直前にネギ、エゴマの葉、いりゴマ、コショウ、ごま油を入れて、更にガスコンロ等で煮込みながら頂きます。

辛さ等の味加減は好みで調節すると良いと思います。
日本では豚の背肉が手に入りにくいかもしれませんので、代わりにスペアリブで試されたら良いかもしれませんね。

「カムジャタン」の話をしていたら食べたくなってしまいました。


posted by hisami at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。