スポンサードリンク

2006年10月23日

韓国料理「タッカルビ」(鶏肉の甘辛炒め)

激辛の韓国料理、「タッカルビ」(鶏もも肉と野菜を鉄板で辛く炒めた料理)です。

MYCD4XCAIXG30GCAAEY82FCAA7AY21CACS8ISQCAQBBX4HCALH6FGGCA2LDF2UCA7XOLCVCABW024YCA6HPF41CAG2AKPKCACGSAJDCAFBTFQZCAFR30HLCA1EJH9ECA486BUXCA123UVOCA4DUOA0CAKPTO40.jpg

私がこのタクカルビを始めて食べたのが、新村(シンチョン)にある有名なお店で、韓国に来て間もない頃でした。続きを読む前に⇒アジアblogランキングへ


金大中元大統領も訪れた事もあるお店と言う事で店内あちこちに店長と元大統領が並んで写した写真が並べられています。

「タッカルビ○人前!」
と注文すると人数分の材料が運ばれてきて各テーブルに設置された大きな円形の鉄板にぶつ切りにした鶏肉、キャベツ、タマネギ、ニンジン、サツマイモ、韓国モチなどを入れ、コチュジャンをベースとした甘辛い調味ダレをかけて炒めてくれます。

「チム」系の料理も相当辛い料理なのですが、このタッカルビも初めて食べた時には火を吹くかと思いました。

最初の2、3口目までは「美味しいね^^」と笑って食べられますが、ジワジワっと辛さが口に広がり、食べていくうちに食道や胃まで辛いという感覚で、辛さに耐えるのに必死になります。

鉄板で焼いているのを直接口に入れるので「辛い+熱い」ため、口の中がヒリヒリしてきて途中から味が分からなくなってきました。

体も暖まるので、汗は出て来るわ鼻水は出るわで、水を何度もおかわりしながら少しずつ食べました。

幸い、一緒に食べた友達が辛い食べ物が大好きだったので注文した分はほぼたいらげましたが、私は食べ終わっても舌の感覚が暫くおかしかったです。

今では美味しく食べられますが、それでもやはり辛いです。

そこのお店は食事時には並ぶほど有名なので、こんなに辛い料理を求めて食べに来る韓国人が多いのかと思うと、韓国人の「辛さ好き」は半端じゃないなと思わされます。

最近はテレビの健康番組でも「辛くて塩気の多い食べ物は高血圧等の原因になるのであまり食べないように」と注意しているのを見ますが、何でも「過ぎ」は体に良くありませんよね。

「本当!そうだ」と思われた方はこちら⇒FC2 Blog Ranking


posted by hisami at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。