スポンサードリンク

2006年11月12日

「トマト」「落花生」収穫

中国から帰って来た義母は次の疲れた言いながらも畑の事が気になって仕方ない様子で、「トマトと落花生の収穫しなきゃ。」というので「手伝います」と言いながら娘と一緒に付いていきました。
2720659218.jpg

トマトは青い実が生っているのですが、収穫時期は終わり、葉もつるも枯れています。続きを読む前に蔵アジアblogランキングへ



その青い実を枯れたつるに付けておくと腐ってしまうので、その前に収穫するそうです。

でも青い実はえぐいのでは?と思いましたが、青い実も「トマトチャンアチ」(トマトの漬物)にして食べると美味しいとの事。

「トマトチャンアチ」の作り方は後ほどお伝えします。

1980153837.jpg落花生の収穫は韓国に来てから一度経験があったのですが、初めて収穫した時はこの様に落花生が土の下から出てくるとは思いませんでした。

今回は2度目なので慣れたものです。

義母が引っこ抜くと根っこの先に付いた落花生をブチブチッとむしり取って、タライにポンポン投げ入れます。

「これは身が沢山付いてますね。」などと話しながら作業する姿はまるで農家の嫁です。


娘はというと・・・収穫は関係なく土遊びに夢中。
植えてあるサンチュの葉っぱをむしったり、植えたばかりのネギを掘り起こしたりしています。

義母に「めっ!」と軽く起こられていましたが、本人は畑遊びが気に入った様子で、「面白いねー。」と、起こられても楽しそうでした。

風もなく、日が当たって暖かな陽気だったので皆でワイワイと畑仕事という雰囲気。

昨日まで旅行に行った義母に中国旅行の感想を聞いたり、義母がいない間の家の様子を伝えたりと交流の場にもなりました。

「畑仕事を約1週間してないうちに唐辛子の葉っぱが枯れてしまってもったいなかった。」とか「寒かったようね。おかげでトマトも凍って傷んでしまったみたい」等と嘆いてはいましたが、それでも充分に収穫して、タライ一杯のトマトと落花生、唐辛子、大根の葉などを持って帰りました。

まだ畑にはこれからキムチを大量に漬ける予定の白菜と大根が畑に沢山植えられています。

これは市場に売りに出たほうが良いのでは・・・。と思う量なのですが、一体どのように消化していくのでしょうか。

これも後ほどお伝えします。気になる方はこちら⇒FC2 アジアBlog Ranking






posted by hisami at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 義母の畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。