スポンサードリンク

2006年11月15日

韓国特有のイベント「キムジャン」

中国から義母が帰って来てからは続けて畑仕事が続いていましたが、そのおかげで今週は早々と「キムジャン」が始まりそうな雰囲気です。
2454538103.jpg
「キムジャン」とは年に一度、大量の白菜キムチを漬ける時期のことを言います。続きを読む前に⇒アジアblogランキングへ



キムジャンの日はみんなが集まるお祭りのような日でもあり、作りたてのキムチで生かきとゆでた豚肉を包んだ「ポッサム」という料理を食べる慣わしもあります。

この「キムジャン」もチェーサやソルラルのように「主婦の仕事」で、この時期主婦達はこの大イベントの為に頭を痛めるようですが、田舎では今でもこの様にキムジャンを行っている地域も多いようです。

昔は新鮮な野菜が手に入らない冬のために、こうして大量にキムチを漬けておく必要がありましたが、最近はいつでも新鮮な野菜が手に入るようになりましたので家庭少しずつ漬けて食べるようになりました。

それでも、何かと人が集まることが多い我が家は毎年この時期になると白菜を10株前後買い込んでキムチを漬けていました。

そして今年は「義母が丹精込めて育てた白菜」を使ってのキムジャンとなります。

田舎では近所の主婦達が集まって力を合わせて50から100株ぐらいをまとめて漬ける作業を行うのですが、我が家では義母と私で行うことになりそうなので畑で採れた15株のみです。

今日もキムジャンの準備の為に畑で採れた大量の唐辛子をお店で粉にしてもらう為と他に必要な材料購入の為、義父母が車で市場に出かけて来ました。

玄関先においてある野菜の山を見ただけでも、
「これは一日がかりの作業になりそうだな・・・。」と思っています。
(実際は前の日に白菜を塩漬けにするので2日がかりなのですが)

これも「韓国の主婦の仕事!」と思って気合いれて美味しいキムチを漬けたいと思います。

このキムジャンをしながらつまみ食いをするキムチの味は格別!
漬けたばかりのキムチでご飯を食べたり、かきや豚肉とまではいかなくてもキムチで豆腐を巻いて食べても美味しいです。
(あっ、ヨダレが・・)

本当にキムチって体にも良いし、美味しいし、今では食卓に無くてはならない食べ物です。

キムジャンの様子は後日書きますのでお楽しみに。^^⇒FC2 アジアBlog Ranking



posted by hisami at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。