スポンサードリンク

2006年11月16日

韓国の「キムジャン」準備

土日かけてキムジャンをするということで今日はキムジャンの準備をすることになりました。

キムチに欠かせない調味料の材料の中に粉唐辛子とニンニクがあります。
ninniku.jpg
昨日大量の唐辛子を市場で粉にしてもらって来たので粉唐辛子の準備はOK!あとはニンニクの準備です。続きを読む前に⇒アジアblogランキングへ



ニンニクは皮が剥いてあるもの(さらにペースト状)を買ってくれば早いのですが、皮をむいて袋詰めにして売っているニンニクは中国産で防腐剤などで傷まないように加工してあるからと皮付きの国産ニンニクを使います。

なので、皮付きのニンニクを一粒ずつ剥かなければなりません。

今回は田舎の親戚が畑で採れたニンニクを送ってくださったので、その「純国産ニンニク」を使います。
2516476052.jpg韓国に来てからこの作業は沢山やってきましたが、キムジャンの時に使うニンニクの量は半端じゃありません。

果物ナイフを片手に一粒ずつ剥いていくのですが、全部剥き終わる頃には右の手のひらが軽い筋肉痛になります。^^;

義母と二人でニンニクの皮むき作業をしていると娘の相手をしている暇は有りません。

そこで、娘はというと・・・

一緒にニンニクの皮むきをしています。

なぜかこの作業。娘のお気に入りで、唇を尖らせ、眉をひそめながら真剣な表情で一生懸命ニンニクの皮をむいています。

娘の場合生まれてからすぐにこのニンニクの皮むきが当たり前の環境に居るので物を持って遊ぶようになってからはニンニクもオモチャ代わりのようです。

皮むきに飽きてきたらニンニクが入っているボールに手を入れてかき回したり、叩いたりして遊んでいました。

芽が出ているニンニクがいくつかあり、最初はそれも剥いていたのですが、
「これも畑に植えてみよう!」
と、途中から芽が出ているニンニクはボールに入れて分けておいて栽培する事になりました。(さすが義母!)

作業中も娘が勝手に遊んでくれていたおかげで、無事ニンニク剥きは終了。

義母は早速芽が出たニンニクを植えに畑に向いました。^^;

明日は剥いたニンニクをつぶす作業や野菜の下ごしらえ、キムチを漬ける白菜や大根の塩漬け作業が待っています。⇒FC2 アジアBlog Ranking


posted by hisami at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。