スポンサードリンク

2006年11月19日

韓国の「キムジャン」準備3

今日はとうとう韓国伝統の「キムジャン」の日です。
680153330.jpg
昨晩泊まりに来るはずのアガシ(旦那の妹)から「当日行く」と連絡があったのは良いのですが、夜の10時過ぎになって、義母が
「白菜がかなり漬かったから洗ってザルにあげておこう!」
と言います。続きを読む前に⇒アジアblogランキングへ




「えーっ!今からですか?」と思いましたが、娘も寝付いたし、あまり塩に漬かりすぎるとキムチがしょっぱくなって美味しくないというので、ゴム手袋をはめて手伝いに行きました。

大量の白菜を大きなタライで一つずつ洗っていきます。
傷んでいるところは軽くむしりとりながら丁寧に洗います。

作業をしながらつまみ食いをしてみましたが、しょっぱくなく、白菜の塩漬けとしても美味しく食べられます。

「この塩、味が良いみたいですね」と言うと。
「キムチは塩が決めてだから、この塩は高級な良い塩を使っているのよ。」
と誇らしげでした。

つまみ食いをしながらの作業は良いのですが、夜中ベランダでの水仕事ですので楽なはずがありません。
上着を着ていても手から足から冷え込んで震えてきます。

確かに良く漬かっていてしんなりしていますが、中にはあまり漬かってないものもあったので。

「これはあまり漬かっていませんね。明日まで漬けておかなくて良いんですか?」と(少しでも作業を減らそうと)聞くと

「漬かりすぎていない白菜はすぐ食べる用にするとシャキシャキとした食感で美味しいのよ。」

というので、結局塩漬けにした白菜を全部洗いました。

片付けなども含めて終わったのが12時過ぎ。
部屋に入るとオンドル部屋でジンワリと暖まったのですが、かなり体が冷えてしまいました。

美味しいキムチを漬けるのも楽じゃありませんね。

今日は本格的な「キムジャン」。そろそろキムチのタレ(ベース)作りのため忙しくなりそうです。

・・・というわけで、本日のキムジャンの様子は明日お伝えしますね。

キムジャンって大変ねと思われた方はこちら⇒FC2 アジアBlog Ranking



posted by hisami at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。