スポンサードリンク

2006年11月28日

韓国で発生「鳥インフルエンザ」

韓国南西部の全羅北道益山(イクサン)市の養鶏場で、高病原性の鳥インフルエンザの発生が確認されました。
990228813.jpg
鶏インフルエンザの発生が確認された養鶏場付近で飼育されていた鶏やアヒルなどすべての家きん類の処分する計画だそうです。続きを読む前に⇒アジアblogランキングへ



他にも鶏インフルエンザの発生が確認された養鶏場から半径3キロ以内の地域で生産された卵をすべて廃棄し、半径10キロ以内の家きん類の移動を全面的に禁止するなど、病気の拡大防止に努めているとのことです。

前にも韓国で鶏インフルエンザの発見がありましたが、そのときは人には感染しないという事で
「鶏肉を食べても安全ですよ。」と言いながらフライドチキンを食べるなどのアプローチのCMを良く見ました。

しかし今回は人にも感染の可能性が有るという事で大騒ぎです。

このような報道が流れれば日本でもすぐに反応して鶏肉に気をつけると思いますが、韓国でも同じでテレビを見ている人達はすぐに反応するので鶏肉を使って商売をしている店は大打撃。

我が家でも義母が「鶏肉と卵は買わない方が良い」と言い、現在購入済みの卵以降は買わないと言っていました。

暫くは「サムゲタン」「タクトリタン」「タッカルビ」などの好物も食べられないのは残念です。TT

「食べれない」と知ると何故か食べたくなってしまうものですよね。

「同感!」と思われた方はこちら⇒FC2 アジアランキングへ


posted by hisami at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。