スポンサードリンク

2006年11月29日

韓国料理「チャンオクイ」(焼きウナギ)

軍隊の予備訓練で家に帰って来ている息子(旦那の弟)の為に義母が「チャンオクイ」を作りました。

TMWR2WCA55J25TCAXWS1EVCAWG731GCATEHBWKCAFY7X98CAJXB72QCAADYYN1CAPS2DNTCA25AFDICAQG4LALCA81TR0PCAJE4XFDCARMO7BYCAWQZLVFCABY9A2DCADXILW9CA7WUY6UCA3EF06ACA4BZ4G2.jpg

韓国料理の「チャンオクイ」とは、うなぎの蒲焼のことをいいますが、これもやはり韓国風です。続きを読む前に⇒アジアblogランキングへ



チャンオクイ専門店などに行くと各テーブルに設置された炭火で焼きながらタレを付けてサンチュなどに巻いて食べることが多いのですが、アパートでまさか、けむりモクモクの炭火料理をするわけにはいきません。

油を引いたフライパンでぶつ切りにしたうなぎを焼き、うなぎに火が通ったら表面にタレを付けてさらに軽く焦げ目が付くほどに焼きます。

日本のように醤油の甘ダレや塩焼きもありますが、我が家ではコチュジャンにヨッ(水飴のような調味料)を混ぜた甘辛のタレです。

普段一人暮らしで今回は予備訓練でお疲れ気味のトリョンニム(旦那の弟)に美味しいものを食べさせたいという義母のはからいですが、おかげで私達も普段はなかなか家では食べられない料理を美味しく頂きました。^^

うなぎは流石に美味しいだけではなく美容と健康にも良く、疲労回復、スタミナ料理と言われるだけあって何だか元気が出てきたような気がします。

「チャンオクイ、食べたーい!」
と思われた方はこちら⇒FC2 アジアランキングへ


posted by hisami at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。