スポンサードリンク

2006年12月04日

韓国の保健所(インフルエンザ予防接種)

韓国の保健所は以前住んでいた所から歩いて数分というとても便利な場所にあったおかげで娘の小児予防接種を受けに利用させて頂きましたが、引っ越してきてからは車で5分の距離にあります。
615155494.jpg

本来インフルエンザの予防接種を内科で受けると大人は今年は3万ウォン(去年は1万5千ウォンでした)するそうです。

それが保険所で12月4日〜13日の間、3歳〜59歳までは7千5百ウォン(約9百円)、60歳以上は無料でインフルエンザ予防接種を受ける事ができるということで家族4人(義母、私、娘)で受けに行って参りました。続きを読む前に⇒アジアblogランキングへ



娘はともかく、私も義母も別に外に出る機会も少ないし、予防接種なんて受けなくても・・・。

と思いましたが、先々月ひどい風邪をひいて苦労した義父の
「受けろ!」の一言で受けることになりました。

娘は今までの予防接種ではそれほど泣いたり暴れたりせずに注射を受けましたが、耳鼻咽喉科に行って鼻や口に機械で「シュー」と薬を入れられてからは、お医者さんの顔を見るだけでもかなり警戒するようになりました。

聴診器を見ただけでも恐がってしがみついてきて、聴診器を当てる時にもかなり抵抗するので、心拍数が上がってまともな心拍音が聞けないのでは?と思ったほどです。

きっと、ただでさえ早い子供の心拍数がさらに早まり
「ドキドキドド゙ドオ・・・」っていう感じになっているのでは・・・?

娘の抵抗する時の力も半端じゃありません。力いっぱい押さえつけていても脱出しようと必死なので、押さえているほうも汗が出てくるほどです。

ま、ともかく注射を受ける時には体中を手足で羽交い絞めにしないとまともに受けられないであるだろうということを覚悟した上で保健所に向いました。


保健所に付くと予防注射を受けに来ている人が次々と受付を済ませ保健所に入っていきます。

義父は無料、義母(59歳オシイ!)と私も受ける事ができたのですが、残念ながら娘は満3歳の誕生日一週間前なので受ける事ができませんでした。

建物の中ではありましたが、一人ずつ部屋に入って受けていると時間がかかるためか、予防接種は全て廊下で行われました。

予防接種を受ける前後の注意事項などを3人ずつまとめて看護婦から説明を受け、注射を打つほうも受ける方も立ったまま
「左腕を出す→消毒→チクッ!」
消毒綿で2分ほど押さえておく様に言われ保険所の裏口から出る流れでした。

流れ作業で私達が注射を受けている姿を娘が不思議そうに見ていたので、おおげさに「あれ?ぜんぜん痛くない!ソヒも注射うつ?」と聞くと、「ヤダ」とばかりにブルンブルンと首を振っていました。

保健所での予防接種は無事に終了しましたが、一番風邪をひいて欲しくない娘が保健所で受けられなかったので、帰りに小児科で娘も予防接種を受けて帰ることにしました。

診察室に入ると娘の大の苦手なお医者さんの姿が。
おじさん先生でしたが、ニコニコと
「良く来たね!握手!」と言って握手をし、
「マンマ。あーん!」と口を開けるように言うと
恐る恐る口を開け、のどのチェック。
だんだんと泣く寸前の顔になってきました。

「良い子だねーそれじゃ、お腹ねー!」と言って聴診器を当てている間も目に涙を浮かべて泣きそうな息づかいになってきました。
・・・が、

「ハイ終わりー!良く頑張ったね^^」とお医者さんが娘に言い、
「異常ないので注射受けて良いですよ。」と注射室に行くように言われたので隣の注射室へ移動しました。

看護士さんが来て「腕をだしてくださーい!」と言うので腕を出し、暴れるのを覚悟して、しっかりと娘の体を押さえました。

「ハイ!終わりました。あら?泣かないのねー。良い子ね^^」と言われてあっけなく終了。

看護士さんも「泣かないなんて不思議だわ」とつぶやきながら、泣く子の為に用意してあった飴をくれたので娘も普通に受け取り、満足げでした。

私も娘の意外な反応に驚きましたが、保健所で子供から大人まで次々と注射を受けていく姿を見て来たせいか、恐がりも泣きもせず注射を受ける事ができ、医者嫌いも克服(?)しました。

料金は2万ウォン(約2千5百円)。2週間早く生んでいれば安かったのに・・・。と思いましたが、仕方がありません。

泣きわめかず、すんなりと終わったことだけでも良かったと思うようにしました。^^

娘は泣かないで注射を受けた事を皆に褒められながら気分良くなったようで、「注射打ったから、風邪ひかないよ!」と自慢げでした。

娘も再来週は3歳のお誕生日。
意外な所で娘の成長を見ることができた一日でした。^^

⇒FC2 アジアランキングへ



posted by hisami at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。