スポンサードリンク

2006年12月18日

韓国式「誕生日」

今日は娘の誕生日です。
義母は昨日から誕生日ケーキの代わりになるお餅「パッシルトッ」(あずきの蒸しもち)を作って準備して下さいました。
2455477446.jpg
パッシルトッは米粉(うるち米+もち米或いはもち米のみ)と小豆で作るお餅で誕生日などのお祝いごとがある時に良く食べられます。続きを読む前に⇒アジアblogランキングへ



<パッシルトッ>
韓国人にとって最も親しみのあるお餅で、何かお祝い事があると近所の人たちと分け合って食べたり、引っ越しをしたときにパッシルトッを作って近所に配るという風習もあります。


朝起きると、既にテーブルの上に大きなローソクが立てられたケーキ型のパッシルトッがおかれていました。バースデー

私も義母と一緒に誕生日の準備を始めます。

・・・と言っても、風船をふくらませたり、飾り物を作ったりするわけではなく、誕生日の「おかず」の準備です。

そこに果物を並べ、朝作ったナムルを3種類(千切り大根の炒め物・ほうれん草のおひたし・しいたけの炒め物)、ミヨクッ、焼き魚、お赤飯、を並べ、まるでチェーサの時の準備と同じです。

そして義母は全て並べられたテーブルの前で
「健康に育ちますように・・・」
などと、ご先祖様にお祈りをしていました。

誕生日を迎える本人はと言うと・・・スヤスヤと寝ています。
なので本人が起きないうちに、そのおかずで朝食を食べました。^^;

娘が起きてから「ハッピバースデー」の歌を歌って、付けてあったロウソクを消し、皆でパッシルトッを食べました。^^

韓国式の誕生日パーティーでしたが、本人も3歳になったことを実感したのか「オンニガテッソ!」(お姉ちゃんになった!)と言って喜んでいました。

私からのプレゼントは手作りのクリスマスツリー。クリスマス
去年日本の叔父さんがプレゼントしてくれた飾りの人形をぶら下げて
「メリークリスマスだ!」と喜んでいました。

娘の名前にも「喜」と言う漢字を使っているのですが、誕生日を「喜びの」思いで過ごしてもらえたようなので、義母も私もその娘の笑顔を見て準備した甲斐があった一日でした。⇒FC2 アジアランキングへ




posted by hisami at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。