スポンサードリンク

2006年12月30日

韓国の変わった仕事「代理運転」

韓国では正月雰囲気はあまり無いものの、会社などでは年末と言う事で一つの区切りになるので「忘年会」ということで会食を行なっているようです。
3877514072.jpg
日本でも同じだと思いますが、この時期になると特に飲酒が増えるので、飲酒運転の取り締まりも厳しくなっています。

そこで登場する仕事が「テーリウンジョン」(代理運転)です。続きを読む前に⇒アジアblogランキングへ



代理運転が成り立つのも、韓国では車で出勤しているサラリーマンが多いことと、お酒が好きな人が多いからだと思いますが、特に忘年会の時期には需要の多い仕事の一つです。

代理運転一軒につき利用料金は大体2〜3万ウォンだそうです(距離によって料金が違います)。

代理運転も個人でするものから会社に登録しておいて、仕事があれば連絡が来るアルバイトのような形もあるようです。

個人でする場合は全額受け取れますが、アルバイトの場合は一軒につき5千ウォンぐらいだそうで、あまり収入にはならないようです。

それでも飲酒運転をしたり、交通事故が起きて命を落とすよりはこの代理運転を利用するのも良い方法だと思います。

酔っ払った状態で自分の車の鍵を預けるわけですから、「信頼のおける人にでないと依頼できないのでは?」と思いますが結構利用している人も多いようです。

一番良いのは忘年会や飲み会がある日は車で出勤しないということでしょうが、この時期はなかなかそうもいかないようです。

皆様も気分が良いからと遅くまで飲み過ぎず、飲酒運転などは絶対にしないで健康な体で新年を迎えて下さい。^^⇒FC2 アジアランキングへ


posted by hisami at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の就職・内職事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。