スポンサードリンク

2007年01月01日

韓国式「新年の挨拶」

韓国の新年の挨拶は「セ ヘ ポンマーニ パドゥセヨ!」です。

「明けましておめでとうございます」に当たる言葉ですが、直訳すると「新年に福を沢山受けて下さい」と言う意味になります。
2724954387.jpg

先日、韓国では年賀状を送る習慣が無いとお話しましたが、代わりのものがありました。続きを読む前に⇒アジアblogランキングへ



それは「年賀文字メッセージ」です。

と言っても本当はこんな言葉は無いのですが、私が名付けました。

新年の挨拶という事で電話で連絡して直接話すこともありますが、会社の同僚や知人に全て連絡するというのも大変ですので携帯電話の文字メッセージを使います。

人数が少無い場合は直接携帯電話に文章を入力して、メッセージを送りたい相手の電話番号に一括送信をします。

送信人数が多い場合はパソコンからでも複数に送ったりもします。

そして、メッセージを送らなかった相手からメッセージが届くと電話をしたり、再びメッセージを送ったりするわけです。

旦那の携帯は一日中メッセージの着信音が鳴っていましたが、確かにこの方法だと年賀状よりも手間も費用もかからずに済みますよね。

「年賀状」にしても「年賀文字メッセージ」にしても新年の挨拶とお互いの新年の幸福を願う言葉なので、形は違っても相手を思う気持ちは同じようです。

私はブログと言う形での新年の挨拶ですが、これも多くの方に挨拶できるわけですから効率的ですよね。^^

それでは、日本式で


明けましておめでとうございます!!
2007年も「日本人主婦の韓国奮闘記」を
よろしくお願いします。<(_ _)>ペコリ

「今年も応援するよ!」と言う方はこちら⇒FC2 アジアランキングへ 


posted by hisami at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。