スポンサードリンク

2007年01月12日

「ペンニョンチョ」百年草ジュース

マートで買い物をしていると赤いジュースのようなものを客に配りながら試食コーナーで説明をしているおばさんがいたのでジュースを飲みながら話を聞いてみました。
sunin_2.jpg
その赤いジュースの正体は「ペンニョンチョ」(百年草)という実をサイダーに漬けた飲み物でした。

続きを読む前に⇒アジアblogランキングへ



以前にも一度購入して作って飲んだことがあったので体に良いことは知っていたのですが、今回は最近咳き込む旦那と冬の乾燥+オンドル部屋のせいで肌荒れが気になる私の為に購入しました。

というのもこの「ペンニョンチョ」、日本ではあまり知られていないかもしれませんが、韓国では有名な健康食品です。

image.jpg「ペンニョンチョ」はソンパダクソインジャン(手のひらサボテン)という植物の果実で、無機質、植物繊維、老化の予防に効果があるフラボノイドが豊富な植物で無機質にはカルシウム、マグネシウム、ナトリウムなどがアロエと同じぐらい含まれていてビタミンCはアロエの5倍にもなると言われます。

特に植物繊維の量は食品の中でも非常に高いそうです。

気管支にも良く、美容にも良く、ビタミンCが豊富なので風邪の予防にも良いということで続けて飲もうと思って購入しました。

飲み方もとても簡単です。
「ペンニョンチョ」を良く洗い、実の量端を切り取り、実に包丁で切れ目を入れて1リットルのサイダーに4、五個入れて2日ほど漬けておきます。

そしてそのまま飲むだけです。

サイダーの炭酸はほとんど抜け、少しドロッとした口当たりの飲み物になります。

そのドロッとした喉ごしが、なんとなく喉を守ってくれそうで、肌をツルツルにしてくれそうな感じがします。

ジャムにしてビンに入れておいて冷蔵保管し、少しずつお湯に溶かして飲む方法もあります。

2390155004.jpg「ペンニョンチョ」は粉や種で売られていることもあり、牛乳やヨーグルトに混ぜて食べても良いそうです。

とてもキレイな天然のピンク色が出るので料理やデザートにも良く使われています。

500g(約30個)で3500ウォン(約4百円)ほどなので、それほど高価な食品でもありません。

日本では「百年草」はホテルやレストラン、老人ホームの名前として使われているようですが、食品としてはあまり知られていないかもしれません。

韓国ではキムチ以外にもこうした体に良い食物を多く取り入れた食生活をする家庭も多く、このような食習慣が韓国人の健康を守っているように思います。

他にも家庭でも健康のために飲まれているお茶なども豊富にありますので次回ご紹介しますね。⇒FC2 アジアランキングへ


posted by hisami at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。