スポンサードリンク

2007年02月14日

バレンタインのチョコ選び

韓国の床暖房システム「オンドル」の快適さは前にもお話しましたが、その快適さに甘えてビュービューの吹雪だろうが零下だろうが関係なく、ぬくぬく室内生活をしていたところ、最近すっかり運動不足になってしまいました。
2967941733.jpg
家での簡単な「ストレッチ」や「ヨガもどき」はしいても、やはり身体の鈍りを感じます。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



最近一人で外出する機械があり、合計1時間ぐらい歩いた所、次の日には筋肉痛・・・。

これはいかん!と思い、最近は『毎日30分以上は歩く!』を目標に運動を始めました。

子供と一緒に歩くと、ゆっくりダラダラと歩いてしまうので、子供はバギーに乗せて早歩き、少し遠くの公園まで行って遊ばせ、そしてまたバギーに乗せて早歩きで帰ってくるコースです。

今日は「バレンタインデー」という事で、娘とチョコレートを買いに行くため、歩きで片道20分程のコースに「パン屋」を追加しました。

周りは畑ですので良い空気を吸いながらバギーを押して公園に着くと、子供も公園で楽しそうに遊びました。
(楽しすぎて帰りたがらないので説得するのが一苦労でしたが^^;)

4029042445.jpgその後はその辺でも比較的美味しいと思われるパン屋でパパにあげるバレンタインのチョコレートを買うため入店しました。

韓国でもバレンタインデーにはチョコレートを好きな人にあげるという習慣がありますので、店頭にはリボンで可愛く飾られたチョコレートが沢山飾られています。

しかし、そういった包装されているものは安物のチョコレートが可愛く包装されているだけというものが多いため私達はカウンターで選んで買うことにしました。

「パパにあげるから、パパが好きそうなチョコレート選んでね。」

というと、色んな種類のチョコレートに目移りしながら、
「アッパはどれが好きかなー?」
と言いながらチョコレートをあれこれ悩みながら選んでいました。

まだバレンタインデーの意味も分かっていない娘も
「これはアッパが好きなの。ねっ」^^
と言いながら楽しそうに選んでいました。

「アッパが帰ってきたらあげようねー」

と選んだチョコレートを包んでもらうと

「私が持つー!」とバギーに乗りながらもチョコレートの包みをはなしませんでした。

「ソヒが一生懸命選んだからきっとアッパも喜ぶね」

等と話をしながら家に帰りました。
思ったより歩いたので私も疲れましたが、娘も家に着くなり眠りに付いてしまいました。

今日はぐっすり昼寝をしたので、夜遅く帰ってくるパパに直接チョコレートを渡す事が出来そうです。

「パパ喜ぶと良いね」と思われた方は
こちらをクリック!⇒FC2 国際結婚ランキングへ


posted by hisami at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。