スポンサードリンク

2007年02月18日

韓国の正月「ソルラル」

韓国では新年を迎えました。
日本ではイノシシ年ですが、韓国では「黄金のブタ年」です。
3762536486.jpg

いつものように眠い目をこすりながら、早朝からお供え物の準備をしました。続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



いつもなら遅くまで寝ている娘も何故だか起き来て、眠そうな顔をしながらバタバタと準備をする様子をボケーッと見つめていました。

朝早く起きて、沢山のお供え物の果物やおかず、お餅、お菓子などを運ぶために台所と居間を何往復もしながら準備が進んでいきます。

昨日の準備でも一日中働いていた義母もさらにテンション高目です。ソルラルの朝はさらにしなければならない事が多いので

「あれ?何だったかしら?あっ、そうそう!」
とつぶやきながら、セカセカと動きます。

私もある程度準備の手順が分かってきたので、できる範囲でお供え物を運んだり気の器に盛って並べたりしました。

準備も全て済み、男性陣がお供え物の前で御辞儀をし、ご先祖様に食事をしてもらう時間。

お供え物のトックッにスプーンをさして暫く待ちます。

韓国人は食事をする時間が短い(食べるのが早い)と言いますが、ご先祖様もそうなのでしょうか、5分もしないうちにトックッの器を空けて、そこに水をくみます。

そして義父母とチャグンアッパ・オンマへ旦那の兄弟達と並んで
一斉に正月の挨拶
「セイヘイボンマニパドゥセヨ!」(新年、福を沢山受けてください=日本の明けましておめでとうございます)

と言いながら大きな御辞儀をします。

すると
「お前たちも福を沢山受けろ」
と言いながら一人ずつセイベイトン(お年玉)を下さいました。

「大人は頂かなくても良いのに・・・」
と言うと
「福を受けるようにという形式だから受け取りなさい」
と言うので
「ありがとうございます」^^
と受け取りました。

チャグンアッパの誕生日が陰暦1月1日という事で、準備してあったケーキでお祝いをしながら、お供え物のおかずで朝食を美味しく頂きました。

夕方には再びお客様が来る予定という事でソルラルはまだ終わっていませんが忙しい準備と片づけが一通り終わったのでソルラル特集のテレビでも見て、のんびりと過ごしたいと思います。

それでは皆様も「セイヘイボンマニパドゥセヨ!」⇒FC2 国際結婚ランキングへ


posted by hisami at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。