スポンサードリンク

2007年03月21日

韓国番組「危機脱出ナンバーワン」

韓国のテレビ番組の中でも、「これはためになる」と思って良く見ている番組の中に「ウィキダルチュルNO1(危機脱出ナンバーワン)」があります。
kbsno1_40.jpg
この番組は日常生活で起こり得るあらゆる危機に対してどう対処をしたらいいか、どんな予防方法があるのかなどを学ぶ事が出来る番組です。

5人の司会者がクイズ形式で問題を当てたり、スタジオで実際に実験したり面白いトークが入ったりと、楽しく紹介されていきながらも内容は非常に役に立つものばかりです。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



そこで紹介される内容は、知っているようで意外に知られていないようなものや、怪我をした時の適切な応急処置方法を具体的に紹介してくれます。

普段当たり前のように行なっていることの危険性も化学実験などを通して分かり易く説明されますので、間違った知識も正されます。

この番組は大人が見ても非常にためになる番組なのですが、この番組のホームページなどを見てみると子供たちも興味をもって見ているようです。

BL_5_8923001_7.jpg実際に事故にあったときの対処法や応急処置を具体的にする人は「ナンバーワンさん」といって写真のような服装で目には黒いマスクをしている人なのですが、このキャラクターで漫画の本も何冊か発行されています。

実際に私がドラマや他の番組を見ているときはあまりテレビの内容に関心を示さない娘も、この番組は画面に釘付けになるように見入っています。

「子供用のアクセサリーを飲み込んでしまった子供が3日後に死亡した」
「子供の車の事故」

等、子供が登場する事が多いということもその理由だと思いますが、事故をリアルに再現しているところも身近な出来事のように感じるからだと思います。

中にはそのリアルさのせいで
「子供も見る番組で、血を流すシーンなどが少々リアルすぎるのではないか」

という視聴者からの指摘もあったようですが、私はリアルだからこそ、「気をつけなければいけない」という気持ちになるような気がします。

娘と一緒にこの番組を見ながら
「ほら見て!こうやって怪我すると危ないから、外ではママと手をつないで歩こうね。」とか

「車の後ろで遊んだり、道路に飛び出したら車に引かれてイタイイタイ(痛い痛い)しちゃうんだよ。」
等と言うとコクコクと頷き、

「危ないねー」
と言いながら、心から納得したという表情です。

そして、娘もテレビで紹介された危険物の判断をするようになり、外出時にも車やバイクなどには非常に気をつけるようになりました。

実際にこの番組の影響で番組放送後には建設現場の事故件数が減ったり、視聴者から番組を見ていたおかげで、同じ危機に陥った時に冷静に対処することが出来て命拾いをした。などの感謝の声も多く寄せられているようです。

最近、韓国のテレビドラマを見ても「子供にあまり良い影響を与えないのでは?」と思うような内容のものも多く有りますが、このような大人も子供も興味深く見ることが出来てためになる番組はこれからも増えていって欲しいと思います。

「いい番組だね」と思われた方は
クリックして応援してくださいね^^⇒FC2 国際結婚ランキングへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。