スポンサードリンク

2007年03月09日

日韓「サイバー大戦」?

韓国と日本のネチズン(インターネットユーザー)たちが従軍慰安婦問題で「サイバー大戦」をしている。

という記事が韓国の各新聞で掲載され、ニュースなどでも話題になっています。
20070308104910-1.jpg

クリックで拡大して見ていただけますが、上のグラフは米国のニュースチャンネルCNNサイトで今月4日から安倍晋三首相が従軍慰安婦に対して謝罪しないと発言した記事が掲載されたインターネットサイトに賛否投票コーナーの投票結果です。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



質問は「日本が第2次世界大戦中、従軍慰安婦問題について再び謝罪しなければならないか?
(Should Japan apologize again for its World War II military brothels?)
という内容です。

8日午後まで200万人以上が参加したそうですが、6日までは賛否の意見が同じぐらいだったのが7日午後から反対票が集まりはじめ、80%を超えたとのことです。

反対票が急激に増えたことから「集団投票」を指摘する韓国のネチズンたちは主要ポータルの掲示板、メッセンジャー、メッセージ、ミニホームページ芳名録などに「賛成にクリックするように」などの書き込みが広がっているようです。

あるネチズンは「CNNがわとサイト訪問者数とクリック数を増やして広告収益を上げようとし、韓国と日本ネチズンを刺激している」という「CNNの商術」という指摘もありました。

安倍晋三首相の発言以降、韓国ではどうも「従軍慰安婦に対する謝罪問題」の話題が耐えません。

今月の3月1日韓国の独立運動記念日を迎えてからは日本帝国時代の話しや元従軍慰安婦だった方の話しなどもテレビで報道されるので、意識せずにはいられません。

私には従軍慰安婦の活動を応援している日本人の友人がいて、その友人は熱心に従軍慰安婦の活動に参加していました。

以前その友人と「ナヌメチブ(別ち合いの家)」という従軍慰安婦だったハルモニ(おばあさん)専用の老人ホームを訪れた事があります。

そこには「従軍慰安婦」として強制的に働かされていたハルモニが住む施設なのですが、それと同時にその当時の資料や写真、等が展示されていて、日本人兵士達を相手にしていた牢屋のような狭い部屋がリアルに再現されています。

そして、既に無くなった方々の写真や、元慰安婦だったおばあさん達が書かれた絵なども飾られていて、説明が無くとも非常に胸が痛み、涙がこみ上げてくるような内容のものばかりでした。

そして老人ホームのハルモニ達と一緒にソファーに座ってお茶を飲みながら話をしましたが、日本語が上手なハルモニから直接当時の話を聞くと、なんだかついこの間起こった出来事のように感じました。

そしてハルモニと直接触れ合っていると日本の祖母を思い出し、もし彼女達が自分のハルモニだったらと考えると、とても複雑な思いがしました。

ハルモニの中には部屋にこもって、あまり口を利かないという方もいらっしゃいましたが、当時の障害で足腰が悪いおばあさんも、帰りには玄関先まで出てこられ手を振って見送ってくだ去ったのがとても印象に残りました。

その訪問を通して、従軍慰安婦問題は決して過去のことではなく、今でも当時のことで苦しむ人たちや家族達がいるという「現在進行中の問題」だということを感じさせられました。

今回のネチズンたちの間でおきている「サイバー大戦」のコメントを見ていると、そういった当人達(元従軍慰安婦)の気持ちを無視するような、お互いの国の批判になってしまっていて、本当に「CNNの商術」という指摘が正しいように思います。

従軍慰安婦問題を取り上げれば日韓のネチズンたちの関心を引く事ができる」という事を狙ったCNNの作戦だと感じます。

そういったことに踊らされていたらきっとこれからも
韓国:「謝罪しろ!」
日本・「嫌だ!」
みたいなことが繰り返されるだけで、なにも解決しないと思います。

従軍慰安婦だったハルモニ達やその親族、それに係わって胸を痛めてきた人たちの気持ちが癒えてこそ本当の意味での解決につながっていくのではないでしょうか。

「賛成」の方はこちらをクリックして
応援してください。⇒FC2 国際結婚ランキングへ


posted by hisami at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。