スポンサードリンク

2007年03月19日

韓国の新札

韓国の紙幣が新しくなってから約2ヶ月経ちますが、この紙幣にはまだなかなか馴染めません。
117422371330_20070319.jpg
上の写真は左が1000ウォンで右が10000ウォンなのですが、まだこの紙幣を使い慣れていない人たちには不満の声も多いようです。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!




まずは色。万ウォン札は以前と変わらない緑系の色合いなのですが、千ウォン札は以前は赤紫っぽい色合いだったのが、新しくなってからは青い色に変わったため、万ウォンとの区別がつきにくいのです。

まだ古い千ウォンも出回っているため、特に商売をしている人は忙しい時や夜に紙幣を見ると、おつりなどを間違いやすいようです。

他には大きさ。どちらの紙幣もサイズが小さくなったのですが、万ウォンの新札は以前の千ウォンとサイズとあまり変わらないため、視覚障害の人たちからも扱いづらいとの声が上がっているそうです。

私は個人的には今まで使っていた紙幣の方がデザインも色も紙幣らしく感じるのですが、以前の紙幣よりも明るい色を使い、サイズも小さくなった新札はまるでオモチャのお金のように感じてしまいます。

支払いをするときにも、お札の間にサービス権でも紛れ込んだような使いにくさを感じます。

使っているうちに慣れてくるとは思いますけどね。^^;

そして来年からは新しく5万ウォン札、10万ウォン札が作られる予定らしいのですが、その紙幣に印刷する人物を思案中で、人物選びに注目が集まっているとのことです。

私としては人物は誰でも良いので使いやすい紙幣にして欲しいと思っています。

「韓国の紙幣ってオモチャみたい」と感じた方は
こちらをクリックしてください。⇒FC2 国際結婚ランキングへ


posted by hisami at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。