スポンサードリンク

2007年03月22日

韓国俳優「イ・ビョンホン」が愛される理由

イ・ビョンホンは韓国映画「JSA」、連続ドラマ「美しき日々」等で日本でも有名だと思いますが、韓国でも人気がある俳優の1人です。
nhnsvc[1].jpg
私が韓国に来たばかりの頃に歌手チョ・ソンモのミュージックビデオで初めてイ・ビョンホンを見たときに、「とても素敵な俳優さんだなあ」と思い、映画やドラマを見ながら応援していました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



イ・ビョンホンの渋い声の質や顔立ちも素敵だと思いますが、私は何より、演技力に惹かれます。

彼が演技する約は「純粋な青年」「悪役」「コミカルな役」など幅広いのですが、その役に入り込んでいる姿はとても魅力的です。

先日テレビで“イ・ビョンホン、世界を開く”というドキュメンタリー番組が放送されていたのを見ましたが、映画の撮影現場や普段のイ・ビョンホンの飾り気の無い日常の姿を密着取材の形で紹介していました。

その番組の中で印象に残ったのは、一日中雨に打たれながらの山の中での撮影や、取調べ室のような所で顔が曲がるのではないかと思うほどの強打の平手打ちを右頬に受け、本で頭を強く殴られというシーンを撮影するイ・ビョンホンの姿でした。

他の俳優達ももちろん同じようなシーンや、これよりももっと過酷な撮影シーンを経験しているとは思いますが、私が「流石だな。」と感じたのはイ・ビョンホンの撮影に対する姿勢です。

イ・ビョンホンが赤く腫れた頬を氷で冷やしながら、2度目の演技チェックをし終わると、殴られている痛々しい姿に胸を打たれたのか、監督が

「OK!終わりましょう。」
と言うと、イ・ビョンホン

「監督。もう一度だけ撮影しましょう。」
と言うので

「俳優がやろうと言うのなら仕方ない。もう一度やろうか」
と、再び平手打ちに頭を叩かれるというシーンを撮影していました。

監督が望む通りに演技をするのはもちろんのこと、自分で演技が気に入らないと、いくら大変なシーンでも取り直しを要求し、時には監督に意見を言ったりと、むしろ監督の方がイ・ビョンホンの妥協の無い姿勢に学ばされ、反省させられるという話をしていました。

他にもアメリカのハリウッド映画関係者のインタビューで「韓国の俳優の中でもイ・ビョンホンがハリウッド進出の可能性を多く秘めている」という話しもありました。

以前イ・ビョンホンのインタビューで

「自分は顔がカッコいいとは思わないが、カリスマ(魅力)はあると思いますよ。」

と冗談半分で答えていたことがありますが、本当にそうかも知れません。

映画監督もイ・ビョンホンの演技をするときの鋭い視線は彼の魅力の一つだと言っていました。

彼は172cm49kの小柄な体型にもかかわらず、エキストラから俳優になり、数多くのドラマや映画へ出演するようになりました。

現在はハリウッド映画の出演も決まり、英会話の勉強を行なっている様ですが、英語で書かれた台本を片手にセリフを覚えている姿をみると本当に努力家だと感じます。

しかし、こういった見えないところでの努力が今のイ・ビョンホンの人気を支えていて、多くの人から愛される理由なのではないでしょうか。

一人のイ・ビョンホンファンとして、これからも応援したいと思います。

イ・ビョンホンって素敵!」と思われた方は
こちらをクリックしてください。⇒FC2 国際結婚ランキングへ


posted by hisami at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国俳優・ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。