スポンサードリンク

2007年03月23日

韓国ドラマの7つの法則

韓国ドラマは同じような話しの設定が多いということをお話した事がありましたが、私が見る視線からの内容でした。

ZFGXQ1CA00973OCAZSHUWMCA3GS3WSCA8487AHCA8GY76ZCAO200VTCAIFKQZXCAZDAN85CAWA6O2SCA5YDSWSCA4LN9O2CA320OZDCA9FZU1SCA7ZKUF0CAOH1Q5YCAE96U1RCAJDP85TCADOKHCSCALKHZPD.jpg
1.屋上部屋
2.ホームショッピング
3.顔に水掛け
4.プレゼンテーション
5.君らしく無くどうしたの?
6.不法ユーターン
7.身分の差

今回は韓国のネイバー(NABER)ニュースの記事で有名ドラマ作家が打ち明ける「ドラマの7つの法則」という内容がありましたのでご紹介します。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



1. 屋上に住む

90年代後半から屋上部屋に住む庶民形の主人公がふえている。しかし現実には屋上部屋よりも半地下に住む庶民が多い。

実際にはソウルの屋上部屋は減ってきているにもかかわらず、屋上部屋の設定が続くのは視覚的評価のためだという。

半地下ではカメラの動きに限界がある反面、屋上部屋は空間を広く使うことが出来、屋上から眺める素敵な風景がおまけとして加わる。


2. 浮気した旦那のため泣きを見たおばさん。事業家になる。

浮気だんなのため、悲しみに打ちひしがれたおばさん主人公が、小さい食堂や屋台を運営すると、「美味しい」と噂が広がり、料理の大会で優勝したり、ホームショッピングなどに進出し、事業家として大成功を収めるという設定。


3. 妻 VS 旦那の愛人・・・“水を顔にかける”

妻と旦那の愛人がカフェなどで対面すると大部分妻がコップの水を愛人の顔に引っ掛けて立ち上がる。

髪の毛を掴んで喧嘩をすることもあるが、これはまれな場合。

暴力的な状況は強すぎ、口喧嘩では物足りないということでどちらにも偏りの無く状況を表す効果として使われ始めた。


4. プレゼンテーション(仕事の実力)で勝負

一人の女性をめぐって2人の能力のある男性主人公達(室長や最高幹部)が会社の大きなプロジェクト等のプレゼンテーションで対決するというもの。

愛と成功という恋愛ドラマの2つの要素が交わるという視点。


5. 主人公の答えはいつも「私らしいって何?」

急激な心境の変化を見せる主人公に対して親友が主に使う言葉が「お前らしくない。一体どうしたんだ!?」と言い、そのときの主人公の反応はたいてい「私(俺)らしいって何?」と言う。

しかし最近になって作家達の間では自制の傾向が広がって忌避セリフとなってきたが、相変わらず新人作家たちの作品では良く登場する。


6. 「そうだ、決めた!」と、ハンドルを回す。

衝撃を受けて動揺しながら車の運転をしている主人公が、何かを決意した時に必ず“不法ユーターン”をする。

ちょうど、反対車線には走っている車が無いが、もし1台でも走っていれば大型事故は確実。

心を180度変えたという事実を「絵的」に明確に伝えるために見せる場面として愛用されている。


7.貧乏な女性主人公が、大金持ちの男性に出会う。

貧乏ながらにも夢を持って強く生きる女性主人公は図書館で本が摩り替わってしまったり、ぶつかった相手の服にコーヒーをこぼしてしまうなどの些細な事故から金持ちの男性と出会う。

貧乏な女性主人公より全ての条件に秀でた相手が登場するが、男性の昔の恋人や男性側の両親が進める婚約者などは性格が悪く、上流階級で、帰国子女という場合が多い。

--チェ・スンヒョン記者-- 翻訳:tamae(一部省略)


「チャングムの誓い」キム・ヨンヒョン作家他、有名なドラマを書いた作家達対象のアンケート調査をまとめたものだそうです。


6.に関しては気が付かなかったのですが、そういえば・・・と言う感じです。交通違反は「韓国っぽいなぁ」とおもわされますが、悪い見本になるので愛用せず、大事故になる前にやめて欲しいですね。^^;

1.と7.に関しては私も韓国のテレビドラマを見ながら
「あー。まただー。」
「やっぱりね。こうなると思った。」

と同じパターンにガッカリする事も多かったのですが、他の内容も「言われてみればそうだ」と感じる内容です。

他にも、
「主人公が不治の病で最終回で死んでしまう。」
「好きになったら腹違いの兄妹だった。」

等は、以前お話しましたが、これらは韓国人視聴者も同じように感じているようで、

「最近のドラマはワンパターンでつまらない」
という人も増えています。

そのため上記の要素以外の新しい設定のドラマが「従来のドラマとは一風変わった」ということで人気が出る傾向があるようです。(最近は医療関係のドラマが人気がありました)

なので、韓国ドラマ好きの私としては、これからは上記のような7つの法則を破ったドラマがどんどん作られていくことを期待しています。

「韓国ドラマ、好き!」と言う方はこちらをクリックして
応援してください^^⇒FC2 国際結婚ランキングへ


posted by hisami at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国俳優・ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。