スポンサードリンク

2011年04月03日

日本語英語 vs 韓国語英語

韓国語は文法や単語(漢字語)などは日本人にとって覚えやすく吸収しやすい言語だと思いますが、抑揚や発音に対してはとても苦労しました。・・というか今でもたまに難しいと感じます。

韓国人が日本語を話すと韓国には無い音の発音がぎこちないのと同じように、日本語にない韓国語の発音は最初の頃はなかなか通じなかったり、発音の違いで場所や物を勘違いされたということもありました。

こうして発音で苦戦していた頃に「韓国語英語」の発音にも苦労しました。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!

韓国人が「日本語英語」を聞くと非常に変な発音に聞こえると言いますが、私から見ると「韓国語英語」もそう変わりません。

例えば
「マクドナルド」」⇒「メクドゥナルドゥ」
「エレベーター」 ⇒「エrレベイトゥ」
「ホットコーヒー」⇒「ハッコピ」
「フィリピン」  ⇒「ピリピン」
「ファミリー」  ⇒「ペミリ」
「4(フォー)」 ⇒「ポー」

のようになります。

韓国英語の大きな特徴はではfがpの発音になるということですが、他にも独特な発音が結構あります。

その特徴が上手くつかめなかった時に、試しに日本語英語で伝えても「何それ?」となかなか通じませんでした。

日本でも日本語英語が良く使われるように韓国でも日常会話の中に韓国語英語が使われることが多いので、最初の頃は韓国語を学びながら同時に韓国語英語の独特な発音も覚えなければならなかったので大変でした。

外国人の名前や西洋映画の題名などがハングルで表記されていると、2回ぐらい声に出して読んでみて、「あー、○○ね。」と理解することも多いです。

「ハリーポッター」⇒「ヘリポト」
「スパイダーマン」⇒「スパイドメン」

韓国人にとっては「韓国英語の方が英語の発音に近い」と言いますが、たぶん英語圏の人から見れば“どっちもどっち”だと思います。

韓国人は「“ハングル文字”はあらゆる発音を表現することが出来る素晴らしい文字」だと誇る部分がありますが、実際にその表記のままの発音では英語圏の人には通じませんし、日本語英語も同じことが言えると思います。

なので今回の勝負は「引き分け」ということにしておきましょう。

「日本語英語」も「韓国語英語」も「英語」ではなく、その国の言語だと解釈しなければいけないのかもしれませんね。


「韓国語英語も変だよ」と思われた方は
こちらをクリックしてください⇒FC2 国際結婚ランキングへ
posted by hisami at 19:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 韓国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
発音の近さはともかく(そもそも違う言語なのに近さを論じてもきりがないと思います)、母音と子音がくっ付いている仮名よりバラバラのハングルの方が英語表記に優れているのは言うまでもない事実です。
Posted by うーん at 2014年09月03日 11:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。