スポンサードリンク

2007年04月01日

韓国を覆う黄砂

韓国は現在モンゴルや中国から飛んできた恐ろしい黄砂で覆われています。
20070401121757.jpg
特に昨日は黄砂がひどくて外を見ると景色が霞んで見えました。
最近は雨が降ったり、霧がかかった日が続いていたので最初は(霧雨かな?)と思いましたが、良く見ると「霧」ではなく「砂ぼこり」でした。

先月にも黄砂で遠くの山が霞んで見えることはあったものの、少し先にある建物まで曇ったように見えたのは初めてです。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



テレビのニュースでも黄砂のひどい地域の様子やマスクやハンカチで口を覆いながら外を歩いている人たちの姿が一日中伝えられていました。

それを知らずに朝早くから畑仕事に外に出ていた義母は夕方ごろには「喉がいがらっぽい」と言っていました。

ソウルに黄砂警報が発令されたのは2002年3月21〜22日、2002年4月8〜9日、2006年4月8〜9日に続いて今度が4度目だそうです。

私がソウルの韓国語の学校に通っていたころにひどい咳とタンに悩まされて、それがなかなか治らず苦労しましたが、今思えば丁度2002年の黄砂のひどい頃でした。

その頃は「黄砂」に対する警戒心もほとんど無かったため、あまり外出時にマスクを着用しなかったのが原因だったのかもしれません。

いくつかの韓国の内科に通ってレントゲンを取ったり、薬を処方してもらいましたが「風邪の症状」「喘息」と診断されて処方される薬を飲んでも少しも良くなりませんでした。

日本に里帰りした時もその症状が続いたので病院でタンの検査を受けて見ると、

「微生物&ホコリアレルギー」

だという事が分かりました。
なので、私が韓国に住む事を知らないお医者さんからは

「布団なども良く干して掃除も頻繁にするように。」

と言われてしまいました。^^;

処方された薬を飲んで症状が治まったので良かったのですが、それまでは一日中咳とタンが出たり、咳のせいでなかなか眠れ無かったりと本当につらい思いをしました。

なので、今は「黄砂の恐ろしさ」というのは身に沁みて分かっています。


image_readtop_2007_163103_1175404614.jpg韓国の観光地として有名なナムサンタワーから見た昨日の景色もこんな感じだそうです。

なので、黄砂がひどい時期に韓国に出張などで来られる予定の方は「黄砂対策」をしっかりした方が良いですよ。

そして、韓国旅行を楽しみたいようでしたら、黄砂の時期を避けて来られると良いと思います。

午後からは落ち着くようですが、会社員や他の学生達は黄砂の中でも通わなければならないと思うと大変ですよね。

「黄砂に負けないで!」と応援してくださる方は
こちらをクリックしてください⇒FC2 国際結婚ランキングへ


posted by hisami at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。