スポンサードリンク

2007年04月03日

韓国で良くある車の接触事故

韓国は交通事故率の高い国だということは
「事故の話を身の回りでも良く耳にすること」と
「目撃率の高さ」で実感していますが、
私が実際に体験した接触事故も結構あります。

2248054437.jpg

どれも軽い接触事故だったのですが、それらはたいていバスに乗っていたときのことです。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



パターン1:停車しているバスに後ろから衝突した。
パターン2:バスが左折しようとしたら直進の信号無視の
       乗用車が突っ込んで来た。

パターン1は「停止時の車間距離の取らなすぎ」から来るものだと思いますが、バスの停車時に前の車との距離を見ているといつも20〜30cmぐらいです。
(いや、もっと短いかも・・・)

どれも大きな事故ではなく、ゆっくり走っている時や停車中に
「ガガガー、ギギー」と車の表面を擦る音がした程度のものですが、韓国ではこんな事があまりにも多すぎます。

その証拠にパターン2の接触事故の時に一緒に乗り合わせた他の客も隣にいた旦那も「またか」と言う風で慌てる様子もなく、
「アジョシ!(運転手さん)いつ出発するの?」
「時間がかかるなら次のバスに乗り換えさせて下さい」

等と、事故処理をしている運転手に声を掛けて時間の心配をしていました。

そして、丁度乗用車が接触してきた場所に座っていた女子高生達は「キャーキャー」言いながら携帯電話でバスの中から衝突部分の写真を取っていました。^^;

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

先日、旦那と娘と3人で乗用車に乗ってマートへ行き、マートの入り口の前で車を止めてもらって車から降りようとしていた時の事。

真横で駐車しようとしている車がバックでゆっくりと近づいてきます。

「何?この車。止まらない」

と思っていると、そのまま車にぶつかり、「ガギギギー」と擦れる音。

運転手はそれに気が付いたのか一度離れましたが、再び後ろに
ゆっくりと下がってくるではありませんか!

旦那に

「この車、またぶつかって来ようとしてます!
 早く降りて止めて来て下さい!」

と言って騒いでいると、今度はぶつからずに再び前進して停車しました。

ぶつかってきた車の後ろの部分を見ると傷だらけでボコボコ、プラスチックの部分はバラバラに破損していたのを見るとかなりの常習犯の様子。

困った顔をした叔父さんが出てきて

「後ろからから大きい車が来たから慌てて駐車しようとして・・・。」

等の言分けをしていましたが、

「そうは言われてましても車に傷を付けたのですから修理代を
保障していただかないとこまります。」

と傷のチェックをしながら旦那が言いました。

しかし、低姿勢で誤ってくる年配のおじさんを見て、結局おじさんが出してきた2万ウォンだけ受け取って済ませたようでした。
(本来なら少なくとも20万ウォン〜30万ウォンぐらいは
修理代を保証してもらわなければならないそうです。)

私としてはこのおじさんが、これから注意して運転するようにしてもらうためにも、きちんと保険処理して払ってもらうか、連絡先を聞いておくとか、もう少し厳しく対処した方が良かったのではないかと思いました。

・・が、人が良い旦那にはそこまでは出来なかったようです。

もし自分の非を認めずに大きな態度で接してきたら警察を呼んでまでも処理しようとしていたようですが、相手低い姿勢で素直に謝ってきたので許したそうでます。

旦那は

「こっちもぶつけられて嫌な思いはしたけど、それほど大きな傷じゃなかったし、自分も車をぶつけて多額の保証金を払った痛い経験があるし、なんだかお金もなさそうに見えたから小額で許しました。」

と言っていました。

「でもね〜。」と、今一納得できませんでしたが、確かに車の傷もそれほどひどくなく、他の箇所もボンドでくっつける程度で直りそうだったので「仕方ない」とそのまま買い物をして帰りました。

車の傷も破損部分も無事に目立たないように直すことが出来たようですが、「韓国社会であまり人が良すぎるのもどうかしら?」と思ってしまいました。

それにしてもこのような接触事故は韓国では日常茶飯事です。

他にも速度を守って走っているのに後ろからクラクションを鳴らしてくる車や、ウインカーを出さずに突然侵入してくる交通ルールを守らない車も韓国では多く見かけます。

これでは交通事故率が多いのも当たり前ですよね。

ですので、韓国に来られましたら、傷の多いバスやタクシーのご利用は避け、車の運転をされる方は十分気をつけてください。


韓国での運転が怖くてペーパードライバーになってしまった私の気持ちが分かる方はこちらをクリックしてください。⇒FC2 国際結婚ランキングへ



posted by hisami at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の交通事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。