スポンサードリンク

2007年04月25日

トリョンニムの結婚式(チャペル式)


韓国で結婚式に招待されて参加したことは何度もありますが、結婚する新郎(トリョンニム=旦那の弟)の家族として参加したのは初めてです。
NWNBNMCAI00NATCA6THLF3CA05SQ9LCAMUXYX5CATTC97OCADPANALCA7UBMAZCALU6ZB1CA4A8Y7RCAERAY32CAQ6MPNUCAR4O9MACA2Z4PDMCAKADKCSCAXLFHQFCATGT2IMCAMEQGS1CAEFZGMZCANL6KIG.jpg

せっかくだからと出発前に美容院に行って韓服に合うような髪型にセットしてきました。
(前から見ると旅館の女将さん風。後ろから見るとカラフルな真珠がピンで飾られて、スプレーでバリバリに固まっていました。)

韓服は家から着ていくと移動をするのに不便だということで式場で着替える事にし、普段はほとんどしないお化粧にも少し気合を入れて出発です。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!
結婚式会場に到着したら早速韓服に着替え、義父母と新郎と一緒に家族として結婚式場の入り口で、訪問客(特に親戚)が来る毎に挨拶をしました。

入り口といっても室内で、人が多く集まるので蒸し暑く、涼しいはずの韓服姿でも汗が出るほどでした。

同じ場所にずっと立っているのに飽きてきた娘が「韓服を脱ぎたい」と言い出したり、トイレに連れて行ったり新婦の待機室に行ったりして席を空けると、義父に

「何処に行っていたんだ?入り口に立っていなさいと言ったじゃないか。」

と怒られるので、なるべく動かないように入り口にいました。

本当は新郎の両親と新郎だけ入り口で招待客に挨拶をするものだそうですが、私の髪型と韓服姿が気に入った義父が招待客に紹介したかったからと後で義母から言われました。
(嬉しい気もしますが、もう少し休んでいたかった・・・)

「クンミョヌリ」(大きい嫁=長男の嫁)として、紹介されるので、笑顔で愛想良く挨拶をすること1時間半。

結婚式が始まってもいないのに、この時点でかなりのエネルギーを消耗していました。

「ご来場のお客様。これから結婚式を始めますので席にお着きください」

と放送が流れ、「やっと椅子に座れる^^」とホッとしながら、新郎の家族が座る前の方の席に座っていると、音楽と共に結婚式が始まりました。

両家の母親が入場し祭壇のロウソクに火を点してお互いに挨拶の御辞儀をして着席。

次に新郎の入場。そしてアナウンスのままに新婦が父親と共に入場して来ました。

「見て。お嫁さん綺麗ねー。」

と娘の顔を見ると、食べていたお菓子のことで親戚の子供と何かあったようで、今にも大声で泣き出しそうな表情。

「ヒック、ヒック」と始まったので、これはいけないと、娘を抱いて横の通路から外に出ようとしている途中「ギャー」と泣き始めました。

それからは再び式場の入り口に立って、泣き止むまで娘を抱いてあやしていました。

すると、入り口で泣いている娘を見て招待客と思われる見知らぬおばさんが

「どうして泣いてるの?お菓子たべたかったの?おばちゃんが売店で買って来てあげるわね。」

と、お菓子を買いに行って下さいました。
受付でお祝儀の整理をしていた旦那に何方かと尋ねると旦那の会社の職員だと言います。

弟の結婚式に弟とは縁のない自分の知り合いを招待してしまうところはやはり韓国だと思いました。


暫くして娘が泣き止み、式場に入ろうとした頃には入り口付近まで新郎新婦が退場して結婚式は終了。TT

※韓国のチャペル式の結婚式は20分〜30分ぐらいです。

それからすぐに写真撮影がはじまり、親戚一同と家族の写真の撮影には何とか参加できましたが、結婚式の見学はできず、休めずでさんざんでした。


でも、心配ありません。

韓国ではこの後にペベクという伝統結婚式スタイルの行事がありますが、こちらにはバッチリ参加しましたので、その様子はまた後日お話します。

トリョンニムの結婚を祝福してくださる方は
応援のクリックをお願いします。⇒FC2 国際結婚ランキングへ



posted by hisami at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国で結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。