スポンサードリンク

2011年03月10日

問い合わせの電話

私はいつもは朝早く起きるのですが、その日はなぜか朝起きるのが辛く、ケイタイのアラームを娘が起きる7時30分にセットして寝ていたのですが、6時ごろにマナーモードの振動音で目が覚めました。

ケイタイの画面を見ると知らない番号が表示されています。
この時間なら間違い電話か何かだろうと思いつつ、横になったまま通話ボタンを押して

「はいー。もしもしー。」と寝起きのかすれ声で答えると

「日本語を習いたいのですが。」と言う男性の声。

ゆっくりとしたたどたどしい口調のおじさんの声だったのですが、授業の問い合わせの電話だからキチンと対応しなければと思い、咳払いをして声のトーンも少し上げながら。

「どちらでお知りになりましたか?」と聞くと

「広告のチラシを見ました。」と言います。



続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



広告のチラシと言うと、漫画家の先生が作ってくださったポスターがセンターの掲示板に張ってあるので、それを見て電話をしたのだと思い、まずはレベルを把握しなければと、いつものように

「日本語を学ばれた経験はありますか?」と伺うと

「いいえ。有りません。日本語は何もわかりません。あのー、授業料はいくらですか?」と聞くので1ヶ月の授業料を伝えると

「あ、そうですかー。あのー、今失業中でお金が無いのですが、卓球を教える換わりに授業を受けては駄目ですか?」と交換授業を要求してきました。

「卓球を教えてくださる代わりに日本語を教えてほしいと言うことですか?」

と訊ねながら始めは「この人は一体早朝から何を言っているのかしら?」と思いましたが、良く考えてみると私が教えている施設に卓球が出来る休憩室があり、センター内に障害者の福祉施設もあるので、そこに通われている方か、センターで仕事をしている漫画家のどちらかの可能性もあります。

なので

「センターにいらっしゃる方ですか?」

と聞いてみましたが、質問が良く理解できなかったのか、声が聞き取れなかったのか、私の韓国語の発音が悪かったのか^^;分かりませんが。

「日本語を学んでみたいんですが、お金が無いので・・・。」と違う答えが返ってきました。

前にもセンターの事務室の職員の方に「耳が聞こえなくて話が出来ない障害者の方が日本語を学びたいというのですがどうしましょう。」と聞かれたこともありました。

そのときも「どうやって教えればいいの?韓国語を書きながら?それとも手話を学んで?」と、結構戸惑いながら「『一度お会いしましょう』と伝えて下さい」と言っておきましたが、それから連絡がないようです。

今回の問い合わせ電話も、もしかしたらそちらの関係の方ではないかと思いましたが、寝起きなので頭が回らなかったのと、どう答えて良いか分からなくなってしまったので、とりあえず

「分かりました。後ほどお電話差し上げます。電話番号はケイタイ表示されている番号でよろしいですね。」

と言いました。これも上手く伝わらなかったのか自分の電話番号丁寧に教えてくださり「宜しくお願いします」と言ってから電話を切りました。

その電話で眠気も飛んで、すっかり目が覚てしまいましたが、寒いのでもう一度布団にもぐりこみ天井を見つめながら「お金が無いけど日本語を学びたい」っか・・・。と、この人だけでなく耳が聞こえず話が出来ないのにもかかわらず日本語を学びたがっていた人のことも思い出し、どうしたらいいのだろうと悩んでしまいました。

だからと言って授業料を払って授業を受けている学生の中に無料で授業を受ける人を一緒にすることも出来ませんし、個人授業は本来グループ授業よりも高い上に男性には電話授業以外は個人授業をしないことにしています。

換わりに卓球を教えてくださるとは言うものの、卓球は遊びの程度でしたことがあるだけで、習いたいとは思ったことも無かったので、あまり魅力の無い条件です。

ま、とにかく一度連絡してみなければならないと思いました。

もし、問い合わせを下さった方が一般の方なら丁寧にお断りをして、障害者施設の方だとしたら一度そちらに募集を掛けてみて人数が集まったら教科書代だけ頂いて奉仕で週1ぐらいなら授業をしてみてもいいかも・・・。

などとあれこれ考えているうちにアラームの音。娘を起こす時間になってしまいました。


その日、授業をしに行ったときにセンターの障害者施設の事務所に行ってきましたが、その内容は次回お伝えします。



⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。



posted by hisami at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。