スポンサードリンク

2011年02月28日

小説を書いてみる?

前にお話しましたように私の夢のひとつに「本を出版する」ということがあるのですが、良く考えてみると出版するにはとても良い環境にいるんです。

と言うのは、私が今教えている生徒さんの半数以上は漫画家、作家先生で、漫画の本を出版して仕事をしている方々で、実際に色んな出版社と取引していらっしゃいますし、協力をお願いすれば喜んでしてくれるような方ばかりです。

前に学生達と会食をしたときにチラッと「実は先生で食べていくより文章を書いてみたい」と言う話をしたときには大賛成してくれましたし、かなり話が盛り上がってしまって、具体的にどんな内容が良いかなどの話にまで発展したほどです。

続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



私は正直言うと人に何かを教える仕事は全く私の適正ではないと思っていました。
学生の頃から人前に出て何かを発表したり、演劇などで舞台に立ったりすると赤面して台詞などもどこかに飛んで行ってしまって、頭が白紙の状態になる性格だったので、なるべく人の前に出るような仕事はしたくありませんでした。

その上、学歴があるわけでもなく、人見知りで内向的な性格(韓国での生活でだいぶ変わりましたが^^;)なので人に何かを教えるなんて考えてもいないことでした。

そして、私は手先が器用なので、何かを作る仕事か、黙々と取り組めるような細かい作業の仕事が向いていると思っていました。

しかし、現在していることはその逆の仕事で、しかもそれで収入を得ています。
だからと言ってこの仕事が嫌いなわけでもありませんし、今の仕事環境も気に入っていますし、生徒も良い人ばかりでみんな大好きです。

おかげで人前で話をすることにも慣れ、先生という立場で人と接することで、今までに感じることのなかった気分を味わうことができました。

なので、生徒が望むのならこれからも日本語を教えて行きたいと思っていますし、よっぽど何かの理由がない限りはその仕事も続けられたらと思っています。

私の授業を気に入ってくださっている人の中には「日本語を教える教室を開いたら良いのではないか」とか「他の漫画家センターにも出張講師で教えに行ってはどうか」などと提案して下さって、そちらの方向も少し考えていますが、本来私のしたい仕事ではない教師の仕事を拡大していくのもどうかと今少し躊躇い気味です。

お金を稼ぐとか生活の面ではそのようにしていくことが流れとしては楽で、取り組みやすい方向ではあるのですが、自分の中で「そうじゃないじゃん」「このままでいいの?」という心の声を聞きながら教師の仕事に没頭していくこともできないように思います。

旧正月で夫の実家に行ったときに日本で買ってきた村上春樹の「ノルウェーの森」という小説を読み始め、小説の内容にすっかりはまってしまい、上巻・下巻を一気に読んでから感じたことは、彼はやはりベストセラー小説家だということです。

内容を見ると想像を超えた世界だとかファンタジーやSFが組み込まれた内容ではなく平凡な登場人物達や日常で起こりうる話が展開していくのですが、読み進めていくと先の話が気になって気になって仕方がないという感じがしました。

そして、登場人物の女性達が自分の人格の一部ずつに分かれて登場しているような、その場面に入り込んでいくような不思議な思いにかられ、その小説を読み終わってから何日間かは余韻が残っている感覚でした。

小説で人をこれだけ引き付けることができるということにも驚かされましたし、小説に出てくる表現や写実能力には頭が上がりません。

去年の夏に日本に帰ったときに「1Q84」も単行本が出ていたら買って来ようと思ってたのですが荷物が多い上に分厚い本は持って来れないと購入を諦めたのですが、考えてみれば日本で読んで来てしまえばよかったんですよね。

次回、日本に帰ったときには是非読みたいと思っています。

韓国語でも村上春樹の小説に影響されたと言う人の話も多く聞きますし、作家の先生の中で村上春樹を知らない人はいません。

もともと、村上春樹小説を読んでみたいと思ったきっかけも、日本語の授業中に「村上春樹」の話題が出たことでした。

名前は知っていてもどんな小説を書く人なのか、あまり知らなかったことが恥ずかしくて、インターネットで検索してみたり、生徒から内容を聞いているうちに読んでみたいと思うようになりました。

私が小説を書いたところで彼の足元にも及ばない事は分かっていますが、その小説を読み終わった時に、自分の想像の世界を文章にしてみたら結構面白いかもしれないと言う思いが沸きました。

日本語で書いて日本での出版を目指すか、日本語で書いたものを韓国語に翻訳して韓国で出版するかなどはまだ考えていませんが、何ヶ月かこの作業に取り組んでいくつもりです。

途中経過はブログでお伝えします。
何か良いアドバイスがあれば教えてくださいね。
⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。

http://blogranking.fc2.com/tb.php/61738


posted by hisami at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宮崎春樹ではなく村上春樹でございますo(^-^)o
頑張って下さいね♪
Posted by at 2011年04月21日 04:45
すみません^^;途中から名前が変わっていましたね。修正しておきました。
Posted by hisami at 2011年04月21日 08:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。