スポンサードリンク

2008年09月24日

義母の気持ち

今回のチュソクでは体調を崩していた事もあり、名節の仕事がいつもの何倍にも感じたのですが、仕事をしながら色んなことを考えていました。

名節の準備のメインは“お供え物の準備”なのですが、義母の場合は普段の仕事(畑仕事)とキムチ作りがプラスされますので義母の隣に居るだけで次から次へと任務が与えられます。

チュソク前日の夕方まで義母とひたすら一緒に仕事をしていたのですが、トンソが来てからもアガシ(義理の妹)が来てからも何かと私に仕事を任せます。

そういえば今までもシデクで家族が集まるたびに義母は私には「あれして、これして」と仕事を頼んでくるのですが、トンソやアガシ家族はまるでお客様扱いなのです。


続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



普段はあまり気にしない私も、流石に疲れが溜まって来ていたので義母に

「あちらでテレビ見てる人達にも手伝ってもらいましょうか?」

と聞くと、

「JS(=アガシ)仕事明けで疲れてるんだから休ませておけ。」とか
「OK(=トンソ)赤ちゃんの面倒を見てるんだから放っておけ。」

等と言うので諦めて仕事を続けました。

食事の準備や片付け、皿洗いなどは女性達が分担してしますので家事は全て私がするわけではないのですが、体調が悪かった今回のチュソクでは「ちょっとこれは不公平なのでは・・・。」などと不満の思いが湧いてきました。

しかし!

義母と一緒に仕事をしながら以下のような話をする中でで何だかその理由がわかってきました。

私 ;「それにしても沢山キムチを作りますね。」

義母;「そりゃそうよ。皆が来たときに持たせようと思ったら沢山漬けておかなきゃ。
    お前も沢山持って帰りなさい。」

私 ;「それはいつもとても有難いのですが、チュソクの準備だけでも忙しいのにキムチを漬けたり、手の込んだ料理を作ったりしたらお義母さんが休む暇が無いじゃないですか。(それに、私も休めないし・・・←心の中で)」

義母;「久しぶりに家に来たんだから少しでも何かしてあげたいの。特にお前達にはいつも一番色々とあげたいと思っているのよ。
長く一緒に暮らしたせいか、孫の中でもSHが一番可愛いし、お前達が一番気が楽だ(気が楽に接する事ができる)。」

と言う会話をしながら「なるほど」と思いました。

以前トンソと一緒にニンニクの皮むきをしていた時、私は何も考えずに黙々と皮むきに励んでいる一方

「こんなに沢山のニンニク。いつになったら剥き終わるのかしら・・。」

と皮むきに飽きた様子だったので

「何言ってるんですか。キムジャン(大量のキムチを漬ける日)で使うニンニクの皮むきはこれの何倍もしなければいけないんだから、これはまだ少ない方ですよ。」

と言うと、ため息を付いていました。^^;

このように面倒な仕事を嫌がるトンソにはなかなか仕事を任せづらい事も頷けます。

そしてアガシの場合は親子ですから手伝いながらも「あーだこーだ」と口答えをすることがあるので義母も疲れるのかもしれません。

なので、義母としては“言われた事は何でもする”私が一番仕事を頼みやすかったようです。(義母の愚痴も聞きますし・・・)

とにかくその会話をしてからは誰が仕事の多い少ないはまったく関係が無くなり、自分ができる限りは義母の手伝いをしようと思うようになりました。

家族なのに気を使う関係よりも気楽に何かを任せられる関係の方がよっぽど良いですし、頼られていると思うと、頼まれなくても何かしてあげたい気持ちになりますからね。

シデクから帰ってくるときには義母の言葉通りキムチ、畑で取れた野菜やチュソクのお土産で集まった果物やお菓子などを大量に車に積み込んで帰りました。

私達からもご両親にお金を包んで義母に渡そうとしたのですが、

「そのお金は持って帰ってお前達が使いなさい。」

と言ってなかなか受け取ろうとしません。

受け取らないからといって渡さないで帰る訳にも行かず、仕方なく家を出るときに浄水機の上に置いて出てきました。

そして見送りに出てきたWH(アガシの娘)にお小遣いを渡しながら

「後で浄水機の上にある封筒をおばあちゃんに渡しておいてね。」

と耳打ちして別れました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「ご先祖様より生きている人を大切にしたい」というコメントをいただきましたが、私も顔も知らないご先祖様達よりも、私達の為に常に何かしてあげたいと考えて下さっているご両親を大切にするのが優先だと感じます。

今回のチュソクは体は疲れましたが同居して身近に居たときには気づかなかった「義母の気もち」を知る事ができただけでも良かったと思いました。


⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。



posted by hisami at 21:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!
Posted by サトシ at 2008年09月25日 13:56
はじめまして、hisamiさんの韓国での生活のお話、とても興味深く読ませていただいてます^^

最近、韓国に興味があり趣味程度ですが色々調べたり韓国語を覚えようとしていて、
こちらにたどり着きました^^

私は田舎の出身なので、ご実家でのお話などをみてると地元を思い出しました〜。
韓国の方の情の深さにはおよびませんが、
田舎だと家族や親戚はもちろん、地域全体が大きなつながりがありますね〜。
わずらわしい時もあるし、助けになる時もあるし、、
難しいですが^^;

でも、おっしゃるとおり、期待をされるのは
嬉しい事ですね^^
あきらめて放っておかれたら楽は楽だけど…
やはり寂しい気持ちになるかもしれないと思いました。

これからも楽しみに読ませていただこうと思っています(^-^*)

Posted by at 2008年09月25日 14:40
なるほどそういう理由でしたか。

「便利に使われる」というのは普通余りよくない意味で言う事が多いようですが、自分ばかり何故?と思うと辛いですが、この人にだったら頼める、と思われていると考えれば少し気が楽で、却って嬉しい事かもしれませんね。


私は以前は、ご先祖様、ご先祖様、とそれなりに(恐らく習慣に近く、何となく)思っていましたが両親が死んだらご先祖様になるのだからそれも大切だけれども身近に居る人に出来る間に出来る事をする、という話をきいてハッとしたことでした。

お義母様に立派にお仕え(モシダ)されて、いい関係を築いていらっしゃるのですね。
これからも楽しみに拝読します。

Posted by ぶち at 2008年09月25日 23:22
<サトシさんへ>

いつも応援ありがとうございます。^^



<無名さんへ>

日本の田舎でもこういった家族関係が今でもあるのでしょうね。

おっしゃるとおり助けにもなり煩わしいときもあり、何ですけどね。^^;

長男の嫁だからいろんな意味で期待をされている事は感じていましたが、今回の場合は「何をやらせてもだめね。」と思われるよりはよっぽど良いと感じました。




<ぶちさんへ>

この事についてはご両親やトンソ家族と同居していた頃から気になってはいた事だったのですが、積もり積もった心の蟠りが今回のチュソクで晴れた気がしました。

まだまだ「チャルモシダ」(良く仕える)ができているとは思いませんが、名節などで会うときだけでも感謝の思いが伝えられたらと思っています。
Posted by hisami at 2008年09月28日 20:22
はじめまして☆以前からブログを拝見させていただいておりました。体調不良の中、チュソクお疲れ様でした!hisamiさんの考え方が素晴らしいと思いました。見習いたいです。素敵な親戚・家族関係を築いているんだなと感じました。これからもブログ楽しみにしています☆
Posted by haruka at 2008年09月30日 19:06
<harukaさんへ>

はじめまして^^

今回のチュソクは体は少々辛かったですが、チュソクが終わって家に帰る頃には気が楽になったせいか体調も回復していたように思います。

病気も気の持ちようなのかもしれませんね。

今回は「義母の気持ち」を知り少し近づいた気がましたが、義父をはじめ、その他の家族達とは緊張感のある関係を保ちたいと考えています。

家族が会ってお互いの健康を気づかう事や助け合う事はとても良い事だと思いますが、お互い頼りすぎる関係になっていくと気持ちが近づくどころか離れてしまいますからね。

これからも私なりに韓国の家族と仲良くしていきたいと思います。

Posted by hisami at 2008年10月02日 15:52
はじめまして。
hisamiさんのこの記事に同感しました。
私の義母も似たようなことを言います。
娘より嫁の方が気が楽な時があるようです^^
でも、腑に落ちない時も多々ありますけどね〜。
国が違っても家族の在り方って似ているんですね♪
Posted by ななsan at 2008年10月15日 20:24
<ななさんへ>

はじめまして。
コメントの返事が遅れてすみません。

昨日も法事で夫の実家に行ってきましたが義母の発言や行動も相変わらずでした。

気を使ってお互いに何も言えない関係よりも気がついたことを言い合えて頼りあえる関係というのは良いと感じます。

しかし、時には

「ちょっと、そこまで言わなくてもよろしいのでは・・・。」

と思うこともありますけどね。^^;

ご両親と同居生活中はご両親の直接的な言葉や態度に傷つくこともありましたが、最近は遠まわしに言われるよりもハッキリと言ってくれた方がスッキリとすると思うようになりました。

免疫力がついてきた証拠でしょうか・・?
Posted by hisami at 2008年12月28日 20:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。