スポンサードリンク

2008年09月12日

名節恐怖症?!

今年のソルラル(旧正月)は風邪と発熱のためお供え物の準備をしてから寝込んでしまい、当日は布団の中でソルラルを過ごしました。

クンミョヌリ(長男の嫁)なのに何もできなかった事が申し訳ないと思っていましたが、今回のチュソク(9月14日)前にまた体調を崩しています。

何日か前から風邪気味だった娘から感染したのかもしれませんが、なんだかのどが痛く気力がありません。

ソルラル以降元気ったのに、またよりによってチュソクの前に体調を崩すなんて・・・もしかすると名節恐怖症かもしれません。



続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



韓国では名節になると夫の実家に行き、主婦達は休む間もなくお供え物の準備をします。

田舎が遠い人たちは長い移動時間で疲れた体で山ほどある仕事をしなければなりませんので、名節が近づくとゆうつになる人も多いようです。

私の場合は義母がする仕事のお手伝いをする程度ですが、シデクでは何もせずにミョヌリ(嫁)達が来るのを待って、名節の準備は全てミョヌリの仕事というところもあるようです。

韓国に来から名節にも慣れてきてここ何年かは無難にこなしてきたつもりでしたが、今年のソルラルと今回のチュソクに集中して体調を崩しているので、もしかしたら精神的なこともあるのかも知れないと思いました。

チュソク、ソルラル、チェサは精誠を込めたおかずや果物類をお供えしてご先祖様を慕い敬う儀式ですが、手の込んだおかずや高価な果物お菓子類を綺麗に並べマッコルリ(濁酒の様なお酒)を注ぎ敬礼します。

確かに先祖を敬う心というのは大切だと感じますし、先に亡くなった方の悪口を言うよりは慕うほうがよほど良いと思います。

しかし、「時間、お供え物の数、向き、順序」など、あまりにも形式的にすると大変ですし、「果たして先祖達が現れて喜んで帰っていくのだろうか?」など、疑問に思ってしまう事もあります。

ましてや敬礼の後義母が子供達の健康や発展を祈っている姿を見ていると、「先祖達が願いをかなえてくれる力があるのか?」と思う事もあります。

名節ごとに普段は会う事が無い親戚達の顔を見て一緒に食事したり話したりするのは好きなので、こういう集まりは良いと思いますが、“先祖の為に”と準備する事にはなんとなく抵抗があります。

名節ごとに体調を崩す原因も、もしかしたら「名節に臨む姿勢がなっていない!」と怒った先祖から攻撃されているのではないかと思ったりもします。

とにかく体調がいまいちなので先日義母に電話をかけて、

「明日はSHのオリニチブが6時に終わりますので、食事をしてから行くと遅くなりそうです。明後日の朝早く向かってはダメですか?」

と聞くと

「ソンピョン(餡子もち)も作らなきゃいけないし、一人で準備するのは大変だから、できるだけ早く来なさい。」

と言い、トンソからも遅く来ると連絡があったようで少しでも早く着て欲しい様子でした。

一人で準備をするのは大変な事を知っていますので

「そうですか。わかりました。SHを早めに迎えに行って明日行くようにします。」

と言って電話を切りました。

と言う事で今日の夕方にはシデクに行く事にしましたが、せめてチュソクが終わるまで今回は倒れずに帰って来たいと思います。



「名節の準備頑張って!」と応援してくださる方はこちらをクリックしてください^^⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。



posted by hisami at 11:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>先祖の為に”と準備する事にはなんとなく抵抗があります

hisamiさんが日本人だからでは?
韓国人の先祖なんて縁もゆかりもないわけだから
Posted by ちゃたん at 2008年09月12日 21:17
初めまして、私も韓国の彼と結婚しました。5年になります。長男さんとの結婚は韓国でも日本でも大変でしょうね。  旧盆に対しても わかるなー。法事もそうですよね。みんなとご飯食べたりは 楽しいんだけど。なんといつても 縦社会なんで。でも日本人のお嫁さんがはいつたので うちは大分薄まりましたよ。うまく気分転換しないとね。昨日、すごくショックなことがあつて・・かなり落ち込んでいたのですが 私も気分転換します。お互い がんばりましょう
Posted by きらく at 2008年09月14日 23:28
<ちゃたんさんへ>

こんにちは^^

そうですよね。

確かに韓国のご先祖様とは縁もゆかりもありませんし、ご両親から見れば生前の記憶もあると思いますが、誰がどういう関係の方かも未だに良くわかっていませんので、気持ち的に敬いようがありませんね。



<きらくさんへ>

初めまして^^

きらくさんも名節の経験は沢山されたんですね。名節の仕事も周りの友達に聞いてみると色々で、1から10まで全て準備をしなければならない人もいれば日本人だからとお客様扱いであまり仕事はしないという人もいます。

私が名節の準備をするようになったら簡素化していきたいという思いはありますが、何せ長男の嫁。

義母の願いは私に名節の準備を覚えて、同じように行って欲しいという気持ちでいるようです。

ま、これからどうなって行くかはわかりませんが、ご両親の元気なうちは名節は形式道理変わらずに行っていくと思います。
(ふーっ)←ため息の音

きらくさんも韓国生活での気苦労が多いかと思いますが、一緒に頑張りましょうね。
Posted by hisami at 2008年09月17日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。