スポンサードリンク

2008年08月27日

海岸での出来事「海岸利用料?!」

大家さんと海へ行く約束をした当日は非常に天気も良く、まさに海へ行くにはふさわしい陽気でした。

大家さんの案内通りに電車とバスの乗り継ぎで海岸に着くと、夏休みということもあり、沢山の人が海岸で遊んでいました。

海岸沿いに並んでいるパラソルはだいたい商業用で一日2万ウォンほど払わなければならないようですが、私たちは「テント(大家さんの)を持ってきたもんねーっ^^」と思いながら、持参のテントを適当な場所に組み立てて海岸で過ごすことにしました。


続きを読む前に⇒国際恋愛・結婚ランキングへGO!



海岸についた頃にはお昼時でお腹ペコペコだったので、テントを組み立ててから早速大家さん手作りのお弁当を頂くことにしました。

大家さんが準備したお弁当はお赤飯と少し甘辛く煮たお魚と漬物類で、風が通る涼しいテントの中で美味しく頂きました。

食事中も早く海に入りたがってぐずり始めていた娘を連れて夫が海に遊びに行っている間、大家さんと二人でテントで休んでいると、制服を着た青年がテントを覗き込むように現れました。

その20才ぐらいに見える茶髪の青年が言うには

「この海岸はテントなどを張って遊ばれる場合は利用料金5千ウォンを頂きます。」

と言います。

係員のような制服に帽子をかぶり左手にはファイルのようなものを持ち、右手には5千ウォン札を何枚かとチェックするペンを持っていて、なんだかそれらしい雰囲気でした。

・・・が、海岸の利用料金なんて韓国に来て初めて聞いた話だったので、何か変だという表情で

「えっ?利用料金なんて今まで払ったことありませんし、初めて聞きましたけど・・・。」

と言うと

「海岸の入り口に表示してありますが。」

と言います。

書いてあるのなら払わなければいけないのかと思い、大家さんに聞くと、「去年も遊びに来たたけど払わなかった。」と言います。

「おかしいんじゃないか」、「払うかどうか」などと2人でああでもないこーでもないとをしていると、青年もなんだか困ったような表情で少しの間テントの外で同じ制服の青年と話をしていましたが、それ以上は支払いを要求してきませんでした。

それでも今年から利用料を払うことになったのかと思い、諦めてカバンからお財布を出そうかと考えていると、その青年はチョークのようなものでテントに“C”印を書いて、何も言わずにどこかへ行ってしまいました。

“このテントはチェックした”という印なのではないかと思いますが、とりあえずその場はお金を払わずに済みました。

しかし、その後再び集金に来るのではないかと思っていましたが、結局最後まで来ることはありませんでしたし、それらしき人も見かけませんでした。

青年が「利用料の内容が表示されれている」と言っていたので看板を探してみると、確かに“海岸の清掃費用1日5千ウォン”という様な内容が書かれた看板は見かけましたが、利用料として必ず支払わなければならないような内容ではありませんでした。

海岸でパラソルを借りるだけでも、1日2万ウォン払わなければなりませんので、テント持参で来ている人達からも何らかの理由を付けてお金を集めて回っているのでしょう。

青年がお金を片手に持って歩いていたところを見ると、本当に払わなければならないのかと思って実際に払う人もいると思いますし、大家さんが一緒にいなかったら私も素直に払っていたかもしれません。

海岸での犯罪が非常に多いと聞きますが、これも詐欺の一種だと感じました。

後で夫にその事を話すと

「私だったら、その青年、ただじゃおかない!」

と怒っていましたので、喧嘩っ早い夫はその場にいなくて良かったと思いました。^^;




それにしても、今回の経験をしてみて、“始めていく場所では現地の人やその地域を良く知っている人と一緒に行くのが一番”だと感じました。

そしてもう一つその事を実感した事件がありましたが、その話はまた次回お伝えします。


気になる方はこちらをクリック⇒FC2 国際結婚ランキングへ

※皆さんの応援のクリックはランキングに反映されます。



posted by hisami at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国文化・習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわお!
色んな経験なさいますねぇ。
「払うべきかどうか」お二人で話していたら、というところに韓国らしさを感じます。

甘辛く煮たお魚、美味しそうですね。
Posted by ぶち at 2008年08月27日 20:15
ぶちさん、こんにちは^^

韓国に住んでいると日本に住んでいたら考えられないような経験を沢山しますよ。

最近はそれが楽しみでここに住んでいるような気もしますが^^:。

−−−−−−−−−−−−−−−

後々考えると、その青年に

「会社はどこですか?電話番号は?領収証はいただけるのですか?」

などと尋ねたら逃げて行ったかも知れないと思いました。

もし、本当に支払わなければならないのなら、私たちが話していようが何しようが、きちんとお金を受け取っていくと思いますしね。


大家さんの料理も美味しかったですが、何より外で食べるお弁とうの味は最高ですね。^^
Posted by hisami at 2008年08月28日 11:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。